Ats the way

「NGO千の雫プロジェクト」「大阪手作り酵素の会」「千早ダーチャ」「Babbiの家」

3/18報道ステーション『ワイマール憲法から学ぶ  自民党憲法草案緊急事態条項の危うさ』

2016/03/20 16:10 ジャンル: Category:政治
TB(-) | CM(-)Edit



今、Facebookに投稿したのだけど、
たまにはちゃんとこちらでも意思表明をしときます。

話題になっている、
18日の報道ステーションの動画を今見ました。

『ワイマール憲法から学ぶ
 自民党憲法草案緊急事態条項の危うさ』

ヒトラーによる独裁政権を生んだのは
世界で最も民主的と言われた「ワイマール憲法」に
記された、たったひとつの条文が災いしたのです。

※詳細は動画を見てください。

当時のユダヤ人強制収容所での迫害の様子を
撮ったリアルな映像を初めて見ました。
悪魔に権力を明け渡すことの恐ろしさを感じます。

もし自分が、当時のユダヤ人だったら、、、
と、想像してみてください。。。

確かに、今の政府の危うさを、テレビで、
ここまで真剣に訴えたこの特集は素晴らしい。
そしてもっと実感を持って、しっかり見ないと。

何故なら、
今の日本政府と、当時のナチスドイツの動向が
とても似通っているからです。

「まさか」と思うかも知れないけれど
権力の闇に侵された人たちはみんな
漫画みたいな世界に本気で生きてるものです。
彼らは単純だから、漫画のようにわかりやすく、
自ら「恐怖」を伝えてきています。
それが正当なことだと思いこんでいるからです。

あまりに「まさか」すぎて
誰もそんな事態を想像出来ないことを知ってるんです。

次の選挙で自民党に投票するということは
憲法改正を認めるということになります。

「憲法を変える」ということを認めてしまうと
この「緊急事態条項」をも認めることになるんです。

今の政府には、賄賂も保育所も原発も沖縄も
どっちゃでも良いような無関心ごとでは無いですか?

どこかで戦いを煽って(日本は戦争しないと言いつつ)
武器や防衛でお金儲けをし、多くの人々を迫害し
お金と権力で、世界を支配したいのです。

いつの日も、権力者の持つ闇の側面が
どんどん強大になって好き放題に暴れるのです。

「まさか」と思うかも知れないけれど、
たかだか自分が生きた何十年のあいだだけ
壮絶な不穏事態がなかっただけで、
歴史的には、何度も何度も恐ろしい迫害が
繰り返されているんです。

今の福島や沖縄も、そうなんじゃないでしょうか。

古館さんがいうように
「私たちは知らなかった」では済まされない。

未来、被害を被ってしまう人たちは
「いいえ、あなたたちは知っていた」と
私たち全員に、きっと言うでしょう。


ヒトラーは、言葉をうまくすり替えて、
国民を誘導したそうです。

・独裁=決断できる政治
・戦争の準備=平和と安全の確保

今の誰かの言動とそっくりじゃないですか。

そして以下転載
 <ヘルマン・ゲーリング(ヒットラーの腹心)の言葉>
 国民は指導者たちの意のままになるそれは簡単なことで
 自分たちが外国から攻撃されていると説明するだけでいい
 平和主義者に対しては愛国心が無く
 国家を危険にさらす人々だと批判すればいいだけのことだ」

今まさに、他国からの脅威を声高にかかげ
人々の恐怖をあおっていませんか。

そして、忘れてないですか。

いつだったか、麻生大臣が大きな批判を浴びた
あのとんでもない発言を。
今検索してみました。麻生氏はこう言ったのです。

「ドイツのワイマール憲法も、
 いつの間にかナチス憲法に変わっていた。
 誰も気が付かなかった。あの手口に学んだらどうかね」

記事にリンク

こんな発言が出来るのは、彼が狂人かお化けだからですよ。
そんなお化けが、今この国の最大権力を握ってるんです。
お化けだから本人は痛くも痒くもないんですよ。

次の選挙も自公は勝つ気でいます。
だからあんなにあほみたいな失態を繰り返しても
平然としていられるのです。

経済優先、市場原理主義者たちが、多くの一般人も含め
自覚のあるなしに関わらず、この悪魔の政党を支えてます。

今まで選挙に行かなかった人たちが
こぞって「No」を言うしか、未来は変えられないですね。


そして、上の動画を見たら、
次の動画もぜひ見てください。
ヒトラーと同い年だという、チャップリンの映画、
まさに、ヒトラーを痛烈批判した映画「独裁者」の
ラストシーンのスピーチです。



いつの世も、こうして、闇と光、善と悪、右と左、、
追いかけっこのように繰り返す、愚かな人間たち。

でも、
右足と左足を交互に出して歩くのが、私たちの「運動」であるように
これもまた「運動」なんです。
永遠に、運動でしかないのかもしれません。

だけど、この世界に生きている限り、
それぞれに見合った、「運動」をし続けないといけないのです。

私はそう思ってます。

報道ステーションさん、
この動画をシェアしてくださった方、ありがとう。

見ていない方は、ぜひ。


関連記事

プロフィール

 Ats(あっちゃん)

Author: Ats(あっちゃん)
新しい地球創り
NGO千の雫Project

酵素・発酵レシピ
Babbiの家

過去ログ2006.4~2010.9
旧 Ats the way

twitter
Facebook
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR