Ats the way

「NGO千の雫プロジェクト」「大阪手作り酵素の会」「千早ダーチャ」「Babbiの家」

3/14ぐりぐりマルシェ、ありがとうございました!

2015/03/15 23:01 ジャンル:大阪ぐりぐりマルシェat難波神社 Category:松の力
TB(-) | CM(-)Edit

11071087_621427131320567_8224402406513940422_n.jpg
千の雫・看板娘(とゆうより「ガイド・応援団」としてぐりぐりを知り尽くす)、
ぐりぐりマーケット看板娘のKyokoちゃん♪いつもお世話になっています。^^

久しぶりにブログ書きます!

昨年11月から毎月参加させてもらっている
大阪ぐりぐりマルシェ@難波神社
回を重ねるごとにビックリするほど大盛況で、
毎回楽しく美味しくありがたく、過ごさせてもらっています。

昨年の夏、ずっと探していた理想的な洗剤、
「松の力」に出合って、名古屋の会社まで出かけて行った私。

私が、「これだー!」と思うものは、実はあんまり無いのです。
困ったことに、頭より直感より何より先に
理由も何も無く「反応」してしまうので、どうしようも無いのだけど
「これだー!」と思えるものに出合うと、めっちゃハマってしまい、
サイトを検索しまくり、「松の力」について書かれている記事を見つけては、
隅々まで見たり読んだりします。
だから、実際に「松の力」の会社に伺ったときには、
もう、すべての情報を持っていたようなものです。笑
現物を試してみてから、、と、慎重な大人を装ってはいても、
もう、使うまでもなくわかってる、止められまてん、というのがホントです。

手作り酵素と出合った時もそうでした。

「これだ」と思えたモノには、もう「突進」します。笑
誰が何といおうと、突進し、ほぼ順調に道が開けます。

「これだ!」と思えたものの、全然道が開けない時もあります。
動かないのです。世界が。
だから、自分の感覚をすべて信じているわけではなく、
開けば進む(突進)、閉じれば止まる。
ただそれだけのことなんです。

良いとか悪いとか、正解とか間違ってるとか、何もなく、
道が開ければ、そこを行くだけなんです。
道が開けてないのに、進もうとすると、ものすごいストレスがかかります。
四角い車輪で走ってるような感覚です。

昔は、それでも進もうとした時期があったなぁ。
「世界」を、信じていなかったんだと思う。
「自分」を、信じていなかったんだと、今は思う。


はい。前置き長い。笑

そんな、一目ぼれした「松の力」、
大阪で販売しているところはほとんどなく、
これは、私が販売するしかない、と決めて始めたのだけど、
自分には店舗もなく、季節によってはめっちゃ多忙になるので
ネットを軸に、以前からこれもまた「理想的な」マーケット、と思っていた、
大阪ぐりぐりマルシェに出店させてもらうことに決めて、
でも、まさかここまでお客様が増えるとは予想もしなかったし、
2ヶ月めから、私が実質お店番も出来なくなって、
たまたま、第一回めに遊びに来てくれていた人たちが、
私がいないときも、来れるようになってからも、
ずっと毎月来てくれて、楽しくお店を盛り上げてくれる、
そんな状況が、思いがけずずっと、続いているのです。

何故なら、一度松の力を買ってくださったら、
ほとんどの方が、リピートしてくださるからです。

昨日も、Openからずっと雨で、今までで一番と思えるほど寒く、
「今日こそはきっと人出も少なく、のんびり~な1日になるかも~」
と、思うほどだったんだけど、
これがまた、だんだんと人が増え、雨も上がり、
今度は、今までで一番多かった、と思えるほど、
たくさんの方が、松の力を購入してくださいました。

あまりに「人だかり」が出来ているので、
「ここ、何売ってるの??」と、覗きに来てくださる方に
「洗剤です!」と答えると、「え?あ~、洗剤?」と、
「な~んだ、がっかり」笑 みたいな表情をされることもあって
ホントに、なんで「洗剤」に「人だかり」が出来るのか、
私だってめっちゃ不思議です。笑

「一度手を洗ってみてくださ!」というと、
素直に洗ってくださる方多数で、
洗ったあと、ふわふわのタオル(松の力で洗ってきたやつ)で
手を拭いた後、異口同音に、「めっちゃすべすべ!!」と、
嬉しい笑顔になってくれるのも、ほとんど毎回なんです。

泡ボトルの泡は、美容クリームのようになめらかだし
それでいて、ケミカルなものは一切入っていなくって、
海も川も森も人も汚していない!っていうこの、開放感。安堵感。
こんな理想的な洗剤が、かつてあったかなぁ、とホントに思います。

千の雫の仲間のきよりんは、
娘さんが、10年間、何をやっても治らなかった、手のひらの湿疹
(皮がめくれて痛くて痒くて、、っていう湿疹)が、
松の力を食器洗いのみならず、ボディやシャンプーにも使ううち、
3ヶ月くらいかな?すっかりキレイに治ったそうです。

「これはスゴイ!」と、一家みんなで大絶賛で、
18Lの箱を、母娘3家庭、合計3個、大人買いしてくれました。

他にも、ぐりぐりで初めてお会いして、お試しで購入くださった方が、
ボディシャンプーや洗濯に使ってると、「背中のブツブツ」が消えた!と、
嬉しくて、わざわざ電話くださった方もいました。

他にも、もういっぱりありすぎて忘れてしまうのだけど、
数々の報告をいただいているんです。

昨日も、そういう方が数名おられました。
せっかく嬉しい報告でも、すぐに忘れてしまうので
ホント、動画撮影でもしたかったくらいですが、そんな余裕もなく、
とにかく、お写真だけは撮らせていただきました。
ブログに写真載せてもいいと許可をいただいてますので
ありがたく、下に掲載させてもらいます!

3145IMG_0713snn.jpg

こちらの女性も、
今まで、ゴム手袋ナシで台所仕事など出来なかったのに
この松の力のおかげで、初めて!初めてゴム手袋ナシで
何でも出来るようになったそうです。
いまや、洗濯から食器洗いのみならず、ボディシャンプ、シャンプー、
まさに、「洗うことはコレ1本!!」と、豪語しておられました。
そしてなんと言っても、
「こんな素晴らしい洗剤に出合えて、本当に嬉しいんです!」と、
そう言ってくださったことが、こちらこそホントに嬉しかったす!

この方もそうでした!
3147IMG_0718snn.jpg

ところが、体験談しっかり覚えたはずだったのに、
他にも色んな人たちと喋りまくったせいか、、、思い出せない、、、涙
すいません!
でも、同じように「理想の洗剤」に合えた喜びを語ってくださってました!

ほんとに、ありがとうございます!
写真も快く撮らせてくださって嬉しかったです!

他にもたくさん、毎月買いに来てくださる方多数なんです。
ぐりぐりマルシェじたいに、魅力的なお店がたくさんあるので
松の力だけを買いに来てくださるわけではないとは思うけれど、
多くの方の生活の中に、地球を蘇らせてくれるものが浸透してゆくなんて、
ホントに、こんなに素晴らしいことはありません。

それに、
最初の頃は、「泡ボトル」が、ちょっと高めのお値段なので
そんなにお買い求めいただけなかったのに、
このごろは、きっと「100均一」のモノも試されてみたのか、
こちらの「泡ボトル」から出る泡との違いがわかるようで
購入してくださる方が増えてきました。

普通に使うより、水で薄めて、クリーミーな泡にすると、
少量の洗剤が、3倍くらいお得に使えるんです。考えたら。笑

調べてみたんですけど(検索マニア)、この泡ボトルも、まさに、
「もったいない」精神から作られた日本発の、エコボトルだったんです。

そういうことまで完璧に配慮がなされている、
エコブランチという会社だからこそ、すべてにおいて信頼できる、と
あらためて思いました。

こんなに多くの人が喜んでくださるモノを
毎回こんなに楽しく販売させてもらうことが出来て、
私こそ、本当に嬉しいと思っています。

毎回「松の力」を購入してくださる皆さん、ほんとにありがとうございます!
大阪の水が夢見たとおりに、キレイな循環が始まる予感が
益々、心躍らせてくれます。

大事な暮らし、なるべくケミカルなものから卒業してゆく、、
これが、今のAge。時代の流れです。方向性です。
野菜は無農薬がトレンドだし、需要はオーガニックにあるんです。
みんな求めていることなのに、何故まだメディアは逆行してるんでしょう?
不思議なことです。

私は、この流れを根気良く伝え続けてくれているのは、
本来そのために地球にいてくれる、「植物」たちのチカラだと確信しています。

人間の役に立つために存在してくれている「植物」の力で
本来の健康な姿に還ることが出来るなら、
地球も、それを創った神様も、本当に喜んでいると思う。

本来、「人々の良心」は、すべてを知っているはずです。

合成洗剤が、かつては泳げた川を汚してしまったこと、
科学や流通の進化で、大事なことがどんどん忘れられていったこと、
お手軽で、安価で、身体に良くないとは思っていても、
テレビのCMはいかにも魅力的に宣伝をしていて、
簡単にスーパーで買えて、普通に誰もが使っていて、
いつしか何もかもが「当たり前に安全」と、勘違いしてしまってる。

だけど、心のどこかでいつも、わかってるんです。
コレが、地球にも身体にも、良くないってことを。

自分たちの出す生活排水が、川や海を汚してしまっていることに
いつしか、目も耳もふさいでしまっているけど、
チクチクと感じる罪悪感は、みんな感じていたんじゃないのかな。

だけど、だからと言って、オーガニック洗剤は高価だし、
粉石けんはめんどうで続かない、子育て中には、毎日山のように
洗濯物や洗い物があるし、、、
誰かが、「良い香り」のする服を着ていたら、それがとても素敵に思えて、、
いつのまにか、地球にも身体にも良くない循環を生んでしまってる。

「良心」があれば、チクチク痛まないはずはないんですよね。

私もそうだったけど、
皆さんが、心から嬉しい顔をされているのは、
その「罪悪感」から、解放されるから、だと思うのです。

地球を汚していない、安堵感。
これは、ささやかに見えて、大きなエネルギーの始まりです。

誰もが持っている、嘘じゃない「良心」には、必ず共鳴がおきます。
だって、「持っている」からです。同じ共鳴弦を。

その弦が、鳴るんですよ。「これだ!」って。笑

隠しようも、ごまかしようも、ないのです。

「地球をもっともっと汚したい」なんて、思っている人はホントはいないんです。

その、本来誰もが持っている「共鳴弦」を鳴らす、
情報伝達のお手伝いをしてくれるのが、植物たちです。

彼らが、情報を運んでくるんです。(自論)

松の力も、手作り酵素も、手作り味噌も、コチジャンも、
全部、植物からの情報伝達で生まれたもの、出合ったもの。

それを確信するから、突進してしまうんです。


・・・・・


たかが洗剤。
洗剤ひとつで、ここまでオーバーに哲学したり、言葉にしたり
本当に、可笑しな、相当変な人、と思います。自分のこと。笑

だけど、何事にも、どんなちっぽけな、「たかが、、、」でも、
やはり、この世界を構成している、重要な環境因子であるのです。
ここを、明確に感じていないと、大事なこと見逃してしまいます。

ちっぽけな「ひとつ」は、大きな全体の一部。世界を担っているんです。

昨日買ってくださった、2Lのリサイクルペットボトルに入った、
たかだか「洗剤」は、必ず、あの大海に、流れ出るのです。
たったひと雫でも、必ず、大海のひと雫になるのです。

そのひと雫は、蒸発して上昇し、金剛山や生駒山や六甲山に
雨となって、降り注ぐんです。
それがまた、たくさんの川に流れ、或いは琵琶湖に集結し、
また、淀川を通って、大阪湾に出るのです。

これは、合成洗剤だって、同じです。
戦後の高度成長期時代から、合成洗剤が生まれたのはいつころかな?
とにかくずっと、もう何十年も、合成洗剤は、雨となって、山々に降り注いでる。
森は弱ってくるのは当たり前ですよね。

森を蘇らせるには、海を蘇らせることが一番大事なんです。ね。

松の力のユーザーさんの中に、実験マニアがおられるそうで、
その方が、自宅の水槽で、松の力1ppm、3ppm、5ppmという濃度で
メダカを飼育されてみたそうです。
当初数匹だったメダカが、4年経った今、なんと、250匹に増え、
元気に泳いでいるそうです。スゴイ話ですよね。

「松の力」なら、川や海に流れ込んでも、魚が生きられるという実証です。

洗剤なんて、使わないのが一番!なんだけど、
それでも、ワンクッション置くのなら、せめて合成洗剤を使わない選択。

淀川にも、鯉やフナが、かろうじて住んでいます?が、
(ブラックバスだって減ってきてるそうですよ。)
ここに、たくさんの魚たちが、住めるようになることだって夢じゃないんです。
素晴らしい話ですよね。

たかだか2Lの洗剤だけど、そこには大きく世界を変える力があるってことを
変人の私などは、ものすごい想像力で、そのパワーを感じてしまうのです。

そうそう。
前からオドロキだったことを、追記します。
以前、どなたかがFBでリンクしてくださってて、
見に行って驚いたんです。


某有名な洗剤の成分です。

成分名称 機能/配合目的
水 工程剤
アルキルエーテル硫酸エステル塩 界面活性剤
純せっけん分(脂肪酸ナトリウム) 界面活性剤
ポリオキシエチレンアルキルエーテル 界面活性剤
プロピレングリコール 安定化剤
直鎖アルキルベンゼンスルホン酸塩 界面活性剤
水酸化ナトリウム pH調整剤
クメンスルホン酸ナトリウム 安定化剤
クエン酸 水軟化剤
ホウ酸 安定化剤
エタノール 安定化剤
アルキルトリメチルアンモニウム塩 柔軟成分・界面活性剤
エタノールアミン pH調整剤
香料 香料
アルコキシル化ポリエチレンイミン 分散剤
水添ヒマシ油 安定化剤
DTPMP塩 金属封鎖剤
酵素 酵素
カチオニックヒドロキシエチルセルロース 柔軟成分
防腐剤 防腐剤
シリコーン 泡調整剤
着色剤 着色剤



比較対照はあまり意味の無いものです。
それぞれが好んで選択するのだから、比べられるものでは無いんですが、
一応、書いておきますが、

「松の力」洗剤の成分です。

松の樹液、水 以上。 at all!!!!!



正確には、
松の油(トールオイル)です。
脂肪酸組成:高級脂肪酸(オレイン酸・リノール酸・ステアリン酸など不飽和脂肪酸)
と、あります。とにかく、松だけです。ひょえ~~~。

上の合成洗剤は、何ゆえに、これほどまでの成分が入っているのでしょう??
不思議でたまりません。科学の力って、時に途方も無い無駄をしている気がします。

(科学の素晴らしい貢献も大いに認めるとしても。)


長くなりました。
久しぶりに来ても、いつものことです。

松の力や手作り酵素、植物からの情報伝達により(笑)、
千の雫プロジェクトの活動は、それなりに展開しています。
現在多少縮小中ですが、
小さなひと雫が、いつか大海に集結し、大きなチカラとなるように、
「良心」が響きあい繋がりが自然に拡大する、カタチの無いプロジェクトです。
時々覗いてみてくださいね。

千の雫プロジェクト
http://www.a.zaq.jp/sennosizuku/
※アドレスが変わりました。
http://sennoshizuku.jp/

------

さて。
そんなこんなの、月に一度のぐりぐりマルシェ、
毎月、第2土曜日に、大阪のど真ん中、難波神社で開催されています。

オーガニックな食べ物、お菓子、もちろん無農薬の野菜、
ここに来ると、安心して食べたり買ったり出来ます。

私もいつも、ここで野菜を大人買いします。
おやつも買いだめします。
カレーやパンとかも、3食くらい、食べてます。笑
3142IMG_0710.jpg
どなたかの、ベジサンド。
トルティヤに巻かれたヒジキとポテトとヒヨコマメ。美味しかったー!

お隣の、ボングー??さんのえびカレーも絶品!
麹やさんの甘酒も!ミモザのブーケも薬膳パンも!
「良心」が喜ぶモノばかり。共鳴弦が響きまくりですよ。

ぜひ、毎月第2土曜日は、難波神社へお越しください。
同じバイブスを響かせに。


そうそう。
「今季最後!」と告知した、あっちゃん味噌とコチジャン。
これまた大絶賛が続き、昨日10個ずつ全部完売しましたが
「来月もありますよね?買えますよねーー!?」と、
記憶しているだけでも、2名の方から、熱烈リクエストをいただきましたので
現在、うちの「蔵」に、2タル残っているやつを、2年熟成ものに育てるつもりだったけど
来月、もう1タル、開けることにしました!
あんなに喜んでくださるのに、抱え込めなくなっちゃいました。放出です。
なので、今季どころか、来季も含めて、来月最終です!

(今年はまったくお味噌仕込めませんでしたので~~)

いいんです。
30年後くらいに、「そんな年もあったなぁ。」と笑ってすませるだけのことです。笑

上田先輩が4ヶ月頑張ってくれた、お味噌作りWSは、今季最終でした。
4ヶ連続、お疲れさまでした!ありがとう!!!
来期もまた、きっとやってくれるでしょう!笑


ということで、終わります。
最後まで読んでくださった方がいたら、ありがとうございます。

ではでは。


関連記事

プロフィール

 Ats(あっちゃん)

Author: Ats(あっちゃん)
新しい地球創り
NGO千の雫Project

酵素・発酵レシピ
Babbiの家

過去ログ2006.4~2010.9
旧 Ats the way

twitter
Facebook
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR