FC2ブログ

Ats the way

「NGO千の雫プロジェクト」「大阪手作り酵素の会」「大阪源流『水の杜』」

手作り酵素講習会と酵素作りの会について

2013/09/09 22:29 ジャンル: Category:手作り酵素
TB(-) | CM(-)Edit

IMG_6890.jpg
*2013年「秋の手作り酵素講習会・酵素作りの会」詳細ページ


すでにお申し込みたくさんいただいています。
10/13(日)の大阪市西区民センターでの講習会は
まだまだ余裕があります。

10/14(月・祝)も、講習会のほうはまだだいじょうぶ。
当日の酵素作りは、早々と定員に達してしまいました。

その他、酵素作りの会も、だんだん申し込みが埋まってきます。
カレンダーの見方とか、わかりにくくてごめんなさい。

今日、9月9日時点でのカレンダーを画像にしてみました。
補足して説明させてもらいますね。

care9.jpg

care10.jpg

care1111.jpg

*薄緑色の、「北野宅」とあるのは、あっちゃんちのことですが
これは、「この日に開催可能」、ってことです。
なので、希望があって開催日が決まったら、
その前日は買出しなどで無くなることもありますし、
希望が無ければ開催ナシ、ということです。

千早赤坂村が遠くてどうしても行けない方や
平日のほうが都合が良いという方のために設定しました。
材料はもちろん、千早や奈良・和歌山などの近郊で揃えます。

そして、講習会以前の日程は、昨年か今年の春に
すでに講習会を受けておられる方に限ります。

*10/19、10/20の2日間は、結の里が満員状態で、
会場はアムリタに変更になりました。
20日はまだ数名いけますので、お早めに申し込んでくださいね。

*○印の日でも、一組申し込みがあったり、
確定では無いけど希望されているグループもあります。

*△のところはあと数人OKという感じなので、
1人とか2人とか、少人数の方は、△を優先してもらえると助かります。

やはり土日に集中しますので、希望日は押さえておいてもらうほうが安心です。

随時更新していますので、詳細ページをチェックしておいてくださいね。
http://www.a.zaq.jp/sennosizuku/201310kosyukai.html


今日も名古屋からお電話いただいて、
酵素について、たっくさんお話しました。

娘さんがとっても冷え性なのだそうで、
オオタカ?酵素など、色々試してみたそうだけれど、
味もあまり好きではなく、とても高価だったということでした。

それに比べたら、手作り酵素はコスト的にも安いって。

私は市販の酵素は一度も飲んだことが無いんだけど、
材料が沢山入っているのは良いけれど、
まったく季節に関係なく、野草も根菜も混ざっているのだそうです。

これは、冬でもキュウリやトマトが並んでいる
スーパーマーケットと同じ状態じゃないか、と私も思う。

良いものを沢山投入すればいいってものでは無いのです。

手作り酵素の良さは、春は春の野草、秋は秋の収穫物、、と、
その時その時の旬のエネルギーで作るってことなんです。
それは本当に大事なことです。

季節に沿って、旬のものだけを食べるようになって初めてわかるけれど
四季という、素晴らしい自然のめぐりがある日本人にとって、
これは、絶対に外せない、自然のリズムなんですよね。

その季節季節で自然が差し出してくれるものを、
ただただありがたくいただいてさえいれば、
人は結構健康で過ごせるものなんです。

手作り酵素の考え方は、とても理にかなっています。

都会に住んで、野菜をスーパーで買うことが普通だと、
本当~に、季節に関係なく、冬でもトマトやキュウリがあるのが
まるで、当たり前のことのように思っていました。

これって、ものすごく危険なマインドコントロールだったんじゃないかと
今では恐ろしくさえ思います。マジで。

本来は、夏は身体を冷やすもの、冬は暖めるもの、、と
旬にはちゃんと理由があるんですよね。

酵素だけじゃなく、夏に梅干し、冬に味噌仕込み、、、って
日本に伝統的に受け継がれている、季節ごとに巡ってくる台所仕事も、
全部意味があるんですよ。すっかり忘れられてしまったこと多々だけど。

そうやって、季節に沿って生きていると、
不思議なほど、身体もこころもHappyになってきます。

本来、自然の存在である私たちが、
やっと、自然のリズムと調和し始めるからだと思うんです。

自然のリズムが狂っていたから、身体も不調になるし、
頭もだんだんしょうもないこと考え出すようになったんだと思う。

自然のリズムと外れたことばかりしてきた人間たちは、
あらゆる不調の原因が、そこにあることに気づかない。

病気になったらアンラッキーで、
病院や薬にだけ頼って、治してもらう、という習性も。

ありとあらゆる、不自然な思い込みが、世界に蔓延してしまってるよね。

今の暦もそう。
私たちは本来、月のリズムで生きているはず。
産まれる時も死ぬ時も、潮の満ち引きが影響する。
本当は、旧暦で生きるのがいいんだろうな、って思う。

旬に従って、自然のリズムで生きていると、
頭も冴えてくる。無謀な搾取も、余分な欲もなくなる。

季節のEnergyをたっぷりいただくだけで十分。
というか、返って満たされていることに気づくんです。

食事はだんだん質素になってくる。
まー、年齢のせいもあるんだろうけど、ね。


それから、手作り酵素に白砂糖を使うことに関しても
心配しておられました。

私もそうだったけど、白砂糖と言えば悪魔のように嫌う人は多い。

私はこの半年くらい、手作り酵素で歯磨きしています。^^
これは、数年前、大先輩から聞いていて、
その方は、1年で歯垢がすっかりキレイになったと言ってました。

でも、実践する勇気がなかったんです~~。

でも、手作り酵素で作ったチョコレートを食べた友達が
「虫歯で噛んでも痛くない!」と、「証言」してくれたことで
トライしてみることにしたんです。

本当~に、快調ですよ。磨いた後スッキリしています。
すでに砂糖は砂糖でなくなっていると思う。

微生物が生きて分解し、生きるためのエネルギーを作り出してる。

活きている糖分、なんです。手作り酵素は。

「酵素」という概念も、実はまだまだ未解明なことが多い。

私がローフードで習った時も、「酵素」の情報は、もう100年くらい
更新されていない、と聞きました。

その後、新しい概念として、酵素に否定的な情報も現れたようです。
たとえば、食物酵素を体内に取り入れても、自らの潜在酵素としては
蓄積されない、、みたいな見解もあると聞きました。

そりゃーそうかも知れない、とも想うんです。

糖質や脂肪とかの栄養素って、酵素によって分解されるでしょ。
酵素って、媒体なんですよ。大工仕事してくれてるわけです。

酵素が無いと、生きていられないほど、大きな仕事してるんです。

普通に、栄養学みたいなモノサシで計れるものじゃ無いんじゃないかと。

そして、まだまだ、酵素という物質は、ナゾが多いのです。
発酵とともに在るとそれはもっともっと、不思議な世界です。

生野菜や果物など、生のものは酵素がたっぷりで、
何も酵素ジュースにしなくても、毎日食べてれば良いようにも思うけど、
この、「発酵」という現象が、大きな意味を持ってると思う。

発酵することで、新たな酵素も産み出すんです。
食物によって、酵素の種類も働きも全部違うし、
育つ家の環境によっても、味も香りも発酵かげんも、全部違ってくるんです。

こんな不思議な現象、ありますか。

それは、「いのち」だから、だと思うんです。

人間も、犬も猫も、種は同じでも、ひとりひとりみんな違うように。
いのちは、すべて、唯一無二の、個性的な存在なんですよね。

大きないのち、小さな小さないのち。
それらは、いつも、どこでどうやっているのか、情報伝達があって、
さまざまに共鳴しあい、助け合い、混ざり合い、反応しあって、、
それぞれに適した現象や効果が、結果的に引き出される。

それは、偶然のようで、実は緻密に計算された、
人それぞれに適した、これまた唯一無二の、現象なんじゃないのかな。

私が手作り酵素に惹かれるのは、
そんな、未知で不思議で、だけど、絶対ソレ本当!って思える、
明確な確信のようなもの。自然の存在としての動物的カン、のようなものからです。


どれが真実か、なんてわからないし、
研究され、事実として良くも悪くも証明されるのも大事なことだけれど
何よりも、自分の明確な確信みたいなものが、私は優先。

自分の体感だったり、自然の理にかなっていたり、
なんだかわからないけど、明確に、「コレだ」と思える感覚とか。

私にとっては、これが一番大事だし、面白い。

普段から、梅干しや糠漬けなどの、酵素たっぷりの発酵食品を食べていれば
何も問題ないかも知れませんよね。

私は、ケンコーおたくでもないし、マニアでもありません。
ただ、私たちが本来の自然の存在に回帰すること、
そこに、1歩1歩立ち返ること、文明の垢を手放してゆくこと、
その方向性が、この弱りきった地球をも救うんじゃないかな、と。

もちろん、自然の叡智として進んだ文明は大歓迎。
石器時代に返れ、ということじゃないです。

文明が進みすぎて、色んなこと忘れてしまった人間たちにとって、
手作り酵素も、「自然の存在への回帰」のキッカケのひとつとして
捉えてくれたらいいのかも知れない。

私はそう思っています。



久々に書くと、どんどん勝手にタイプが進みます。
人と話すと、内側にある想いは外に放たれるものですね。

話す=放す=離す。ですね。

熱く語ってしまいました。
長々と読んでくれた人がいたら、アリガトウ!

酵素の講習会、酵素作り、申し込みお待ちしています。
詳細ページはこちらですよ~
http://www.a.zaq.jp/sennosizuku/201310kosyukai.html



今週末のもちよりマーケット、
来週の、ソク生命研究所セミナーの件も、
ご参加お待ちしています!

詳細は千の雫のトップページから
http://www.a.zaq.jp/sennosizuku/

また今日明日中に、追加書きまーーす。


おまけ
DSCN2266.jpg
あっちゃんの大事な糠床の上で寝るチビ。
菌が呼ぶのでしょうか。居心地が良いのでしょうか・・・

どうしても、この上に来たがるので、
今は猫の届かない上の方に、待避しています。

ちょうどいい置き場所が無いんですけど。困ったなぁ~。


一旦送信。
関連記事

プロフィール

 Ats(あっちゃん)

Author: Ats(あっちゃん)
新しい地球創り
NGO千の雫Project

酵素・発酵レシピ
Babbiの家

過去ログ2006.4~2010.9
旧 Ats the way

Facebook水の杜
Facebook
Facebook2
twitter
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
超お奨めの本
アナスタシア1


アナスタシア2


アナスタシア3


アナスタシア4


アナスタシア5


アナスタシア6


フリーエリア