FC2ブログ

Ats the way

「NGO千の雫プロジェクト」「大阪手作り酵素の会」「大阪源流『水の杜』」

北海道でした。『酵素的な考え方で生きてゆく』ということ。

2013/05/25 00:00 ジャンル: Category:手作り酵素
TB(-) | CM(-)Edit

DSCN1419.jpg
23日朝。宿泊先周辺で。

DSCN1413.jpg
昨年と同じように、「桜がそろそろ終わり」??って思っていたら、、、
ナント、今年は、まだ「これから咲く」んだそうです!
野草も、例年より2週間も遅かったそうで、予定変更したり大変だったそう。

------------------

はい。
北海道帯広に行ってました。
私にとっては4回目。手作り酵素の講習会に参加するために。

何度来ても、学びの多い講習会です。

今回、河村先生のお話で、最もというか、
スペシャルに「同意」出来た言葉があります。

これからの時代は、

『酵素的な考え方で生きてゆく』

本当に、首が折れるんじゃないかというほど(笑)
激しく上下に頷きまくった言葉でした。

そうなんです!!

※ここからは先生の言葉ではなくあっちゃんの想うことですが、、
 言葉というものは、その言葉どおり、見たとおり聞いたとおり
 それだけで「理解する」ということは決してありません。そうだよね??
 その人が発した、たとえ一行であれ「ことば」には、
 その行間に、その背後に、その響きに、、、
 その「ことば」に集約される、すべてのStoryやImageやWorldが、あるんです。
 「情報」というやつです。
 人は、一瞬にして、そんなたった一行の「ことば」にさえ、
 それを顕すに至った、その膨大な量の「情報」を、感じ取るのです。

時間も空間も、一瞬で超えるんです。ワープ。

 こんな技は、スーパーコンピューターでも出来ないです。
 そしてそれは、人間の脳でも知識でも経験値でもなく、
 細胞レベル、ミトコンドリアとか常在菌とかがやってるのかも知れないけど
 それこそ、言葉や数値で顕すことなど出来ないほど、
 明確に、的確に、発作的に(笑)、キャッチ、するんです。一瞬で。

 それは、もしかしたらそのことばを発した人の伝えたかった情報とは
 違うものになっているかも知れない。
 だけど、人は皆、そうやってしか情報を受け取れないのです。

 つまり、
情報は常に受け取る側にある、ってことです。(かっっっこいいぃぃ~)


 「共感する」「感動する」「言霊」とか「直感的に」でもいいけど、
 それを感じるのって、一瞬のことだし、理屈も理由も無いでしょ?
 
 それは、響きであり、振動であり、波動のようなものなんです。

 熟考したり、計算したり、対話したり、、、で得られるものとは違い、
 パッと見た瞬間とか、会った途端、とか、ふと見上げれば、、、みたいなものです。


(話しは逸れるけど、子どもが母国語を楽々習得してゆくプロセスもコレです。
周囲の人たちの「言葉」を聞いているというより「情報」を受け取ってるんです♪)


話しの前から可笑しなこと言ってますが、伝わってるかな???

私にとっては、まさに。
こういうことも含めて、全体が、「酵素的に生きる」ということ、なんですよ。

この感覚を体得したら、本当にもう恐いものなんてないです。
悩みも心配ごとも、何もかも吹っ飛ぶでしょう。

何をするにも時間と空間の束縛を受けてしまうこの3次元だから
多少の物理的行動や、悩ましい感情のブレが起きるのはやむをえないとしても、
それにしても、根源的に、世界が変わってくるのは確かです。

まー、いっぺんに話せばややこしくなるのでやめますが、、、
(このブログをずっと読んでくださってる方なら、
 あっちゃんはずーっと、そーゆーことを書いてるってわかってくれるかな?)

この話しは、とっても既知外で想定外で新しくて
だけど、実は太古の昔、生命の歴史約40億年を通じて
ずぅーっとずーっと、途切れることなく、連綿と、
受け継がれてきた自然の(神の)叡智であるのです。

それを知ることは、一種言い換えれば「悟り」であり「覚醒」ですよ。

しゅうきょうっぽいけど。そうではなく。自然科学です。

手作り酵素を作って、自然のリズムに沿って生きて、
めぐってくるご縁に敏感に、ゆるやかに流れる生き方を知っていれば
誰にでも起きてくることなんだと思えます。

そんな、とても進化的なミラクルがあるから、
私は、手作り酵素を多くの人に伝えたいんですよ。もっと先の世代までも。

「方法論」や「何かのためのツール」として、手作り酵素を作るというより
まさに、「酵素的に生きる!」ってことを、提唱したい!って思います。

「手作り酵素を飲んで健康に生きよう!」でもなく、
「手作り酵素の良さを世界に広めよう!」でもなく、、、

いえ、それも含まれていてもいいんだけれど、
私自身、上記の言葉をいの一番に言ったことは無いです。
それがしたくて、手作り酵素を学んでいるわけじゃなくて。

まさに、手作り酵素を知ったことで
そんな「手作り酵素の哲学」みたいなものに魅せられたわけです。

世に溢れるサプリメントを購入するように、
酵素を自分で作ってみよう~!ってだけのことなら、
今の、自分が脱皮したいと想っている、市場原理主義のシステムに
ちょびっとエコでロハスな服でも着せたような、ただそれだけのモノなら
たぶん、全然興味も持てなかったと想う。

まさに、「酵素的」に「これだー!」と感じたからなんですよね。


酵素や微生物が、真に情報伝達の達人であることや
彼らが結んでくれる、なんとも的確なご縁といい、、、

私にとっては、やっとこの年になって出遭えた、
自分に残された人生のすべてを賭けてでも、
次世代へと受け継ぎたい、秘宝のような存在でもあるのです。

・・・・

話しを戻して、、、

先生は、
その土地、その季節、陸のもの、海のもの、、、
これらをベストな形にして体内に取り込むことの大切さも
話してくださいました。

たとえばヨウ素。
これは、陸上には無いものだそうです。
「海の精」や「響魂」に含まれる成分でもあります。

山と海に囲まれた、私たちの独自の風土に合わせて、
そして自然のリズムに合わせて、生きる、ということ。

人間の勝手な都合や欲や効率性にあわせるのでなく。

なんというか、本来の、自然の存在としての在り方に、回帰する。

「手作り酵素」には、そんな懐かしく新しい可能性があります。

季節や旬を敏感に感じ、身体やこころからの声に耳を傾け、
筋肉の反応を知り、痛みや滞りの元を知ること。。。

そういうふうに、自力で自分の身体を蘇らせること。
病院や薬や人からも、脱依存の生き方をすること。

そして、3.11後、日本の環境がすっかり変わってしまった
そんな時代だからこそ、酵素や発酵の知恵が、
自然な形で世の中に「情報伝達」されている、ってことも
単なる流行や、偶然ではないと思えます。

そんな今の時代にあって、、、

ひとりの人間として、誇りと自信を持って、生きること。
家族や仲間を、目に見えない小さき存在までも、大切に想うこと。

元気でHappyで、敏感に、活きること。

それは、地球に起きている異変や、気象的なこと、
草花の変化や、深い地層で起きているストレスなど、
そんなものにも敏感に察知出来るようになると思う。

まさに、蘇りの「ツール」です。

リバースでありリユニオンであり、新しい出合いでもあります。


(体温上がってきたので終わります 笑)


他にも、河村先生は、
「手作り酵素」だけでなく、その元になっている、
「海の精」や「響魂」の、驚くべき可能性について
色々お話してくださいました。
「響魂」は、大腸炎などをわずらっている人には
「そのまま粉末を水で溶いて飲む」と、腸内細菌が増えて、
大腸の機能が大きく改善される、とか。

「海の精」は、講習会などでも、目・鼻・耳・喉を「洗い」ましたが、
うがいをすることで、グロルビリンA?という成分が、
肺や消化器系に何やら「情報」を送るそうです。

もっともっと、海の精や響魂の、未来への必要性や重要性を
教えてくださったけれど、これはまた高澤さんの秋の講習会で。

とにかく、
人にも地球にも、手作り酵素はこれからとっても重要になってきます。

それをヒシヒシと感じました。


この後は理屈なし。写真をお届けします。
感じたままに、情報を受け取ってくださいね。


sDSCN1425.jpg
*はい。コレ何でしょう???熊さんのウ○チです。(笑)

何気に、トリカブトやムラサキケマンみたいな毒草が
周囲にあります。熊さんはなんともないのかなぁ??

思わずカメラを向けたら、均整社の方に
「そんなん撮ってどーすんですかぁぁ??」と笑われました。

えええ?
これこそ報告しなくちゃいけないショットでしょ。おかしいな。

(お食事中の皆さん、失礼しました。)


熊さんのウ○チもあるような、こんな素晴らしいところで
野草を摘みました。
DSCN1432.jpg
お馴染み、コロボックルの傘みたいな大きな大きなフキ。


コレ、知ってますか?夜衾草(ヨブスマソウ)って言うんです。
DSCN1429.jpg
まるで、翼をつけた植物です。
イタドリにも似ているのでかじってみたら、
イタドリとは違って、セロリのような味がしました。
セロリを優しくしたような、、、めっちゃ美味しいお味でした。


そして、お約束、「トリカブト」2連チャン。
DSCN1426.jpg

ヨモギに似てるっていうけど、全然違うよね。
DSCN1427.jpg
キレイ♪


これは、イタドリですよ。大阪や奈良で見るのと全然違う。葉っぱがデカイ!
DSCN1436.jpg
アスパラみたいで、茎も太いし美味しいんですよー!


DSCN1438.jpg
十勝均整社のログハウスのあるところ。

このあたり一帯は、もともと20年も前から
先生一家が酵素作りに来ていた場所だったそうです。

それが今から数年前、土地を売りたい人がいるから
見に来ないか、と誘われて行ったところが、
たまたま、ここだったのだそう。
しかも、破格の値段で。。。

敷地内に川が流れていて、上流に家も何もない、
素晴らしいロケーションです。

そうやってちゃんと、次々に必要なものがもたらされるのが
本来、この次元でのシステム。

過剰に生産したり、奪ったり、支配したり、、、
そんな「自然のリズム」に反することをしていると
病気になったり苦労したりする。
本当のリズムは無駄が無い。早くも遅くもないけれど。。。。


これからもずっと、そんな「リズム」で、
「酵素的」に、生きていきたいな、って、願っています!!


そうそう。
帰りの飛行機が離陸して、雲の中を抜けた瞬間、、、

またしても、虹が出てました。
太陽の横に、まっすぐに立つ、一本の虹。

カメラを出せなかったので写真撮れてなくて、
本当に一瞬で消えたけれど、確かにまた、虹が出ましたよ。


ふと見るんですよ。

ふと見たところに虹が出てたり、UFOが飛んでたり?するわけでしょ??

良く虹やUFO?や不思議な何かを見る人は、みんな、

ふと、見るんです。ふと。


それが、情報伝達の、微細な信号です。
キャッチする練習してね~。

「ふと」が、サインです。


はーい。おやすみなさい!
明日、早起きしてまた千早、結の里で酵素作りです。

楽しみでーーーーーす!!!!



最後まで読んでくれて、ありがとう!





関連記事

プロフィール

 Ats(あっちゃん)

Author: Ats(あっちゃん)
新しい地球創り
NGO千の雫Project

酵素・発酵レシピ
Babbiの家

過去ログ2006.4~2010.9
旧 Ats the way

Facebook水の杜
Facebook
Facebook2
twitter
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
超お奨めの本
アナスタシア1


アナスタシア2


アナスタシア3


アナスタシア4


アナスタシア5


アナスタシア6


フリーエリア