FC2ブログ

Ats the way

「NGO千の雫プロジェクト」「大阪手作り酵素の会」「大阪源流『水の杜』」

結の里でWSでした。

2013/04/04 16:46 ジャンル: Category:野草・薬草
TB(-) | CM(-)Edit

DSCN0912.jpg
*ワークショップ終了後、参加者皆さんでピース♪

4月3日、春休みの水曜日、
千の雫としては初めての親子企画でした。
千早赤坂村、結の里で、里山探検遊びと野草塩作り。

都会大阪から初参加の方たちと、
すでに結の里の常連さんたち。
初めて合った方たちも、すでに誰かや何かを通じて知っている人が多く
やっぱり、
何かのご縁があって、この企画は、「はじまり」の合図だったんだろうと思う。


都会から行った子どもたちは、
すごいカルチャーショックも多かったんじゃないかな。

結の里の常連さんの子どもたちは、
けっこうな角度のある「崖」を登ったり、木の一本橋を渡ったりは
何の問題でもなーい!とばかりスイスイ。(すでに魔女っ子www)

3才の男の子が、ガンガンに登っていくのにも感動ー!

野草をたくさん摘んで、おひたしや醤油洗い、酢味噌和え、
ガンガンに食べるのは常連組み。
ちょっと苦手な感じな都会組み。

だけど、どの子たちも同じく一様に、
嬉しそうに楽しそうに、山の中の体験を満喫してる。

ただ、都会で暮らしていると、なかなか日常的ではないだけで
こんな緑溢れる自然の中にいて、心地悪い人などひとりもいない。

オモチャもゲームも何も必要ない。
山や森や川や土が、いろーーんな情報をいっぱいくれる!!

これをして遊ぼう!飛んでみよう!投げてみよう!走ってみよう!って。


誰もが息を吹き返す。自分のチカラも思い出す。
青々とした息吹が充満している里山には、そんな当たり前の事実が眠ってる。

忘れてしまった都会人間からしたら、それは「魔法」のように見えるかもね。


お母さん同志も、みんなスゴイ繋がりを感じる。

記憶も薄れているほど遠い昔に、一度会っていたことを
会も終わりに近づく頃、お互いに思い出してビックリしてたり、

子どもの悩みを共有していたり、
必要としていた「答え」を、気づかぬうちに受け取っている。

なんとなく見渡していて、そんな発見ばかりで楽しかった~。

興味や方向性が同じ人たちが「再会」すると、
必ず、ここをきっかけに、ひとつのEnergyが産まれ、回転し始める。
そしてそれは、ひとつのコミュニティ(集合体)になる。

ビッグバン、でつね♪

悩み多き星屑たちの、出合い(再会)だ。(笑)

まったくの無意識だったけれど、
こんな場を設定出来て、居合わせることが出来たことに感謝します。
教えてもらうことがいっぱいあった。

この日の出合いが、これからの大事な何かの始まりであることは
昨日を待つまでも無く、だんだん、確信的に気づき始めていました。


この、若いママたちが、あっちゃんやはるかさん(谷さん)くらいの年になり、
バビーとなって、今よりずっと大きな心で世界を見れるようになる頃、
今、楽しく里山を駆け回り、野草やシイタケ採りに歓喜した子どもたちが
また、今度やパパやママになって、また小さな子どもたちを連れてくる。。。

ただただ、そういう連鎖が、未来であればいい。
未来を大切に想う人たちが、未来を創る。簡単なことなんです。

そして、そんな簡単なことこそが、一番、大切なこと。

大切な未来に、必ず、私たちの子孫は、幸せに暮らしている。
それが真実であることを、こうして体験として、受け継ぐのだから。


そう願うからこそ、ともに声を掛け合って集い、
この日、新しい出合いの時を過ごした。のですね。


子どもたちがバビーになる頃には、、、
あっちゃんもはるかさんも、もうこの世には居ない。(まだおったりしてー(怖))

でも、確実に、その遺伝子に刻まれる履歴の中に、
私たちとの出合いは受け継がれてゆくのだ。連綿といのちの続く限り。


宇宙の仕組みとは、そういう単純なもの、なのだから。

素晴らしいな。



はい。
長くならないうちに、写真で報告でーす!!


DSCN0854.jpg
*結の里に着く直前!素晴らしい風景に出合いました。
これは、桜ではないですよ。こぶしです。大きな大きなこぶしの木。
後ろにあるのは、桃や、赤いこぶし。
千早赤坂村のあっちこっちで咲いていました~~。キレイだった!

結いの里に到着後、はるかさんのオリエンテーションを受けて
いざ、里山へ。

結の里のお約束を、みんなで復唱しました。

「生きて帰ること!」
「危険なことは伝え合う!」

・・・あと、なんだったっけ???スイマセン。

雨がまだ少し降っている中、里山へ入りました。
DSCN0856.jpg
*この男の子は3才!グングン進んで一本橋もらくらく!

大人も子どもも後から続きます。
DSCN0858.jpg
*やっぱりここには木霊さんがいます。(右上)


谷さんやボランティアさんが開拓した道を通って、、、
DSCN0870.jpg

なんとも、清清しい空気が漂っています。
DSCN0868.jpg


小さな山の頂上に来た時、、、
DSCN0862.jpg
はるかさんが、チビたちを集めて何かたくらんでいます。(笑)


はじまりました!ヨーイドン!!!

DSCN0864.jpg

ヨーイドンって言ってもらうの、大好きだよね~~。こどもたち!
DSCN0866.jpg


小川のせせらぎも、歌ってます。歓んでいます。
DSCN0874.jpg


そして、到着~~~~!!!結の里の、「しいたけ園!!」
DSCN0872.jpg

このシイタケ、なんていう名前か、知ってますか???
DSCN0871.jpg
「どんダケ~~~!!!」って云うんです。(うそ)

だけど、ホントに「どんだけ~~!」ってくらい、ありました。


その、山ほどのシイタケと、山三つ葉をたくさん入れて豆乳鍋。
美味しかった~~~
DSCN0877.jpg

結いの里は、思っていた以上、百万倍、野草の宝庫でした!!!
DSCN0876.jpg
三つ葉、カンゾウ、タンポポ、オオバコ、スイバ、
ヨモギ、カラスノエンドウ、フキ、ノビル、、、、

ノビルは、さっとゆでて醤油洗いに、
カンゾウは、酢味噌和え、フキもヨモギも醤油洗い。

スイバの新芽は、すっぱくてめちゃウマイんですよ。
シュウ酸っていうのは、ホウレン草と同じだから、だいじょうぶ。
オリーブオイルで炒めて、ちょっとお塩振るだけで最高美味!!

採り立ての野草は、ちょっと火を入れてあげるだけで、アクはほとんど飛びます。
新芽だと、ナマでも美味しい。酵素も植物性乳酸菌もたっぷり!です。


さて、
まったりとごちそうランチの後、ログハウスに入って
「野草塩」作りワークショップが始まりました。

事前に結いの里で摘ませてもらった野草と、
あっちゃんちの可愛いハコベちゃんも、
いっぱい乾燥してきました。カリカリになるまで乾燥してね♪
子どもたちも、何気に真剣に最後まで飽きることなく、、、
DSCN0881.jpg
*右側、ママに抱っこされてる男の子の目線に注意(笑)

ダリアが撮影してくれた、この写真。
何気にオーブが写り始めております。あっちゃんの上とか後ろとか、、、
DSCN0882.jpg


そして、ドバーっと!オーブの乱舞~!
DSCN0879.jpg
*どーも、カメラ目線の男の子が「感知してる」、気がする。。(笑)
その男の子を抱っこしているママの、お腹あたりに、オーブが集結してるでしょ。
(写真をクリックするとちょっと拡大します)

彼女は今、妊娠中。男の子の妹か弟がいるわけです。

わかるのかなぁ??


ついに!ママの顔まで隠してしまいました!(笑)
DSCN0880.jpg


そして、楽しく、「結の里野草塩」が完成!!!

山であんなにはしゃいで、遊びまくって、
お昼ごはんも、満喫しまくって、
そして、このワークショップも、最後まで子どもたち全員が、
積極的に参加してたのには、ビックリしました。

Energyも好奇心も意欲もなにもかも満タン!スゴイです。


そして、これでもまだ終わりませーーん!!

はるかさんが、ヨモギもちを、作ってくれていましたー!

それを、大きな大きな桜の木の下で食べよう~~!!
ってことになって、今度はまた、外に集合!!!


はるかさんが、お餅を配ってくれています。
DSCN0884.jpg

いちおー、自慢しときますが、、
この日の、アンコは、あっちゃんが前日に作りました。
コレです。
DSCN0851.jpg
白小豆、緑小粒大豆、小豆、黒豆、、、
2月に、丹波のめぶき農房さんで買って以来、
ほとんど、眺めて楽しむ「観賞用」として??
あっちゃんが、大事に蔵にしまっていたものです。(笑
宝の持ち腐れにならず、蔵出ししてよかった。

てんさい糖でしっかり煮込んでしまったので、
白も緑もぜーんぶ、茶色になってしもて、もったいなかったけど、
とっても美味しかったですよ!あっというまになくなりました。

きな粉もモチロン、あっちゃんが豆を炒って作ってきたのよ♪

この日の食べ物は、何もかも自然の恵み。そして手作り。

あっちゃんやはるかさん、バビー世代からのささやかな贈り物。


スッゴイ喜んで食べてくれたね~~~!!
DSCN0890.jpg


そんな子どもちゃんたちや若いママたちを
後ろからそーーっと見守りながらニタリとするバビー世代。
DSCN0887.jpg
*実わ、はるかさんは、ここから見る結の里がだーーーいスキなんだとか。

ほんとにね~~~~。


そして、またまた、はるかさんに誘われて、、、


ごろり~~~ん。
DSCN0891.jpg


その時見上げた、大きな大きな桜さん。。。泣けるわ。
DSCN0894.jpg


はい。はるかさんが大好きな、結の里の春の風景。。。
DSCN0898.jpg

DSCN0903.jpg


・・・・・

どうでしたか~???

なんか、本当に、次は、合宿したい!!!!
やりたいこと、探検したいこと、いーーーっぱいあるし、
何よりここに子どもたちを、ほったらかし、放し飼い(失礼)にしてみたい!!!

どんなことを発見してくれるか、
何を生み出してくれるか、
どんな「想定外」を見せてくれるか、見てみたい!!

オトナに、教えてほしい!
まっさらなココロでこの里山に触れたら、
私たちニンゲンは本来、どんな姿になるのだろう。
どんなチカラを思い出すのだろう。。。

興味は尽きません。ワクワクドキドキします。



長くなりましたが、終わります。
結の里の、はるかさん(谷さんの愛称)、
素晴らしい機会を与えてくれて、ありがとうございました。

この日、遥かな約束のもと、再会してくれた、若いママたち、
いつもいつも、大事な子どもたちのお世話、ありがとう。
皆さんが産んで育ててくれている子どもたちですが
私たちみんなの、地球の宝物です。
日々の子育ては大変なこといっぱいあるの、知ってます。
あっちゃんもはるかさんも、野獣や宇宙人育てた母です。(笑)

日頃の皆さんのご苦労、痛いほどお察しします。
そして、
ご苦労以上に大きなヨロコビがあることも、もう、めちゃめちゃ知っていますから♪

だからいつも、本当にありがとう。


そして、いっぱいいっぱい、素敵なことを教えてくれた、子どもたち、
ホントにありがとうございました。あなたたちが先生です。
そして、「確かな未来」です。宝物です。


そして、ナント言っても、
この日、ここに私たちを集合させてくれた、結(むすび)の里山さん、
山も森も川も、草も花も、鳥も虫も、風も雨も、、、
すべての自然の恵みに、心から、感謝の思いを捧げます。

山の神さま、森の神さま、
結いの里に暮らす、精霊たち。
みんなみんな、ありがとうございました!!!


DSCN0910.jpg


秋になったら、「タンポポ茶作り」、、、とか。
したいなぁ~~~♪



終わり。

(今度は本物のMGとお忍びで来るゾ・・・)



関連記事

プロフィール

 Ats(あっちゃん)

Author: Ats(あっちゃん)
新しい地球創り
NGO千の雫Project

酵素・発酵レシピ
Babbiの家

過去ログ2006.4~2010.9
旧 Ats the way

Facebook水の杜
Facebook
Facebook2
twitter
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
超お奨めの本
アナスタシア1


アナスタシア2


アナスタシア3


アナスタシア4


アナスタシア5


アナスタシア6


フリーエリア