FC2ブログ

Ats the way

「NGO千の雫プロジェクト」「大阪手作り酵素の会」「大阪源流『水の杜』」

山をひらいて御柱をたてる(2)

2012/10/10 20:33 ジャンル:あわの歌 わの舞い 出合いのつじ Category:新しい地球創り
TB(-) | CM(-)Edit

IMG_9143.jpg
*大阪府河内長野市 観心寺

地元近隣の方なら、少なからずご縁があるお寺ですね。
私が初めてここに来たのは、2008年、如意輪観音さんのご開帳の日、
ここの、恩賜講堂(おんしんこうどう)で開催された記念コンサートの日でした。

如意輪観音さんが繋いでくれたご縁で、、、、
このあたりのお話をし出すと、
またページがいくつあっても足りないので、やめときまつ。
ご縁があれば、聞きたい人がいれば、喋りますので聞いてね。(笑)

とにかく、その時のコンサートの主催者であり、
その後も、「なんでこんなにバッタリ会うのでしょう???」というほど
色んな場所で「バッタリ会い」を繰り返し、
その後、数年の空白(みんなこの間なぜか空白。)を越えて、
また今年になって、「バッタリ会い」とか「ご縁」とかが続いている、
大阪狭山市の、有名なお蕎麦屋さんのKさんが、
わの舞いの場所を探している私に、ここを紹介してくださったんです。

観心寺には、ほとんど「顔パス」のKさん。

こんなご縁がなければ、
突然やって来たストレンジャーが、
こんな立派な文化財を使わせていただける、、、
なんてことは、絶対ありえないわけです。

アムリタのチンマイも、それは長いこと、
このお寺との繋がりを、大事に育ててきています。

そんな人たちと、ご縁をいただいていたおかげで、
ここを使わせてもらうことが出来ました。

写真をほとんど撮れていないので、
あっちこっちから写真を借りてきました。

a_05.jpg
国登録文化財 観心寺恩賜講堂



これは当日の朝撮った写真。緑が茂っています。
IMG_9144.jpg

ほら、キレイでしょう。天井も美しく、文化財にふさわしい場所です。
kanshinji-onsi2.jpg

091112kanshinji15.jpg


講堂内部から見た外の風景。
Kさんが、この風景が素晴らしいのよ、と言うのでパチリ。
IMG_9146.jpg

アムリタから移動して、ここに到着してから、
まず、体育会系の合宿のごとく、
この床をみんなで雑巾がけしました。
もともと、綺麗にお掃除されていたようですが、
これも、感謝して使わせていただく気持ちを込めて
順番に、雑巾持って走りました。結構難しいんだよね。
IMG_9148.jpg

舞いを始める前に、やっぱりかまちゃんは、
「まず、外に出ましょう~」と言いました。

ここで、木を囲んで、輪を作りました。
IMG_9145.jpg


以前も、大阪の会場の前にある公園で、
何度か木を囲んで手を繋いで輪になったことがあります。

そのたびに、私は、「あーーー。なるほど。」と
感じていたことがあるんだけど、
今回それがまた、はっきりと明確になりました。

ま、私の妄想ですけどね。

木は陽。輪は陰。
木は縦に立つ光り、輪は横に(平に)広がる影
木は御柱、輪は大地。
木は男性性、輪は女性性。

陰陽和合。
二元性を越える融合の、象徴的なな形なんだと思う。

「山をひらいて御柱をたてる」というのも、つまりそういうこと。

(あくまで私の視点であり妄想ですよ。)

山は女性性。陰であり、物質界であり。
そこに光りの柱を建てるというのは、男性性。
陽であり、神的なこと。

陰陽和合であり、神人和合である。

ってことは、つまり、すべての「真釣り」。
バランスであり、自然の姿。

人も神も自然も、調和の取れた状態、、、ってことかな。


だから、、あれですよ。

「山を開く」ということは、
肉体を持ってこの次元で生きている、自分自身を「開く」ってことです。

そして

「御柱を立てる」というのは、
精神的というか、「神」のような視点で、自分の中に「軸」を立てる、
ってことなんだと思っています。

わの舞いの、「御柱の舞い」は、
そういうメッセージであるんじゃないだろうか??

「御柱の舞い」を舞っていればそれが出来る、、とかの
そんな、方法論じゃなくて、依存じゃなくて、
そういう道筋をつける、ってことかな。

結局、自分を素直に開き、軸を受け入れると決めるのは、
他でもない、自分自身しかいないのですから。


(何度も言うけど、私の個人的な解釈です。
 わの舞い関係者の皆さん、ゴメンネ~~~)


・・・・・

とにかく、
この、観心寺の恩賜講堂前の木を囲んで輪になり、
こころをひとつにして、講堂に戻り、
広い広い講堂で、Kさんもちょうどやって来て、
一緒にぐるぐると、舞いました。

御柱の舞は、とても美しいし、瞑想より瞑想みたいで、
静けさに調和出来ると思う。
でも、同時に、時々、
「脱水機」みたいやーー、と思う時もある。(笑)

グルグルと回る時。苦しいーーと思う時があるんです。はは。

これもきっと、回って回って、そのスパイラルで
余分なものを削ぎ落としてるんじゃないのかな。


広々とした場所で、思い切り回って、舞いました。


「かまちゃん時間」は、ゆったり~~と流れ、
あっというまに、お寺そのものが閉まる時間。

私はここでお先に失礼しましたが、
その後も皆さん、近くの広場で舞い、
シェアリングをして、帰られたようです。

バタバタと動き回った一日でしたが、
その動きの波は、きっと村中に届き、
人間とか動物とか、植物とか、目にも見えない存在とか。
すべてに、何かの干渉をして、振動を起こしたと思います。

皆さんお疲れさまでした。
ご縁に感謝します。ありがとうございました。



いつもかまちゃんは、特に多くを語ることもなく、
私のように、ややこしいこと何ひとつ言いません。

静かに、穏やかに、自然に、
おばちゃんたちに、動かされるままにに動いてくれるけれど、
決して自分のペースを乱すことなく、
ただ、流れに身をゆだねている感じです。

翌日、メールをもらいました。

また勝手にシェアさせてもらいまーす。

---------------------------------------------------
昨日はあわうたわの舞が千早赤坂村でできて嬉しかったです(^O^)

あわうたわの舞でより幅の広い方々が輪になり、
そこでいろんな繋がりとシェアリングの場となった事が何よりも良かったです☆
歌や踊りを通して、そこに何か遠い世界を求めるのではなく、
ただ、優しい素直な心を出し合える「今この瞬間の」
人と人との繋がりが生まれた事が嬉しかったですし、
そこが生きる喜びとして当たり前にある世界こそ
思い出すべき本当の宇宙のように感じました。
様々な経験と出会いをいただきありがとうございました(^-^)/
----------------------------------------------------

かまちゃん、ありがとう。その通りだよね。


光りとか御柱とか、山開きとか、陰陽和合とか、、、
色んな妄想を私は書いていますが、
何より、大事なのは、「今この瞬間の」人と人との繋がりであったり
出合いであったり、生きる喜びであったり、、

そういう、普通~に、この次元に生きている、
人間としての、普通の、営み。
それこそが、当たり前すぎて忘れている、
「壮大な宇宙」であることを
なんとなーーく、伝えてくれるんです。

ありがとうございました。


そんな、何気ない普通の営みを大切に生きるってことを前提に、
時々、妄想も楽しんでいきたいと思います。


それで、、、

このご縁は続き、というか展開し、
来月、それこそゲートの日、11.11に、わの舞いあわの歌
それぞれ、自立した、柱を立てることになりました。

これも、一転二転して、こうなっちゃったんだけど、
そうなんだからきっとそうなんでしょう・・・。

毎年、まっすぐな柱が4本立つ、11/11、ゲートが開くこの日を
私は何故か、とても意識して、過ごすようにしています。

わの舞いは、千早赤坂村の、ゆいの里さんで

あわの歌は、たぶん「あわうたさん」こと中山博さんをお迎えして
出合いのつじで。

中山さんは、12/9にも出合いのつじに来てくださいます。
(今年のくくりの日ですね)


実は、この、12/9(日)のことは、先に決まっていたのです。

私自身が、なんかこのあわの歌の「グルグル」に、ちょっと困ってて、
ちょうど、大阪の会場も使えなくなったし、、、
秋は酵素作りで忙しいし、、、
しばらく、あわの歌もお休みして、調整しようかな~~~って、
ホントは思っていたんですよね。

そして、あわうたさんのサポーターである、一条さんと、
電話で、そんな話をしてて、、
お互いに、「なんかね~~~~~」って、逆盛り上がりしてたのです。(笑)

そしたらば、どうも。これが。

やっぱり、前の日記にも書いたけれど、
あわの歌は、ある意味「余分なものを出す」ということが起きてくるので
自分の回りでも、あわ歌の回りでも、そういうグルグルが起きてる。

すべては意味があって、起きている。

大阪本町の会場が使えなくなった、というのもそういうことで、
今度は、きっと、千早赤坂村へ、「動かされて」いるようだ、と。

「土地が呼ぶ」ってことですかね。

確かに、そんな感じです。

出合いのつじ」を使わせてもらえることになったのも、
本当に、ものすごいタイミングで、もたらされたわけだし。

4年前の「山開き」から、
それぞれ、色んな意味で、余分なものを落としてクリアになって、
また、あらたに、ここで何かが始まるのでしょう。

それは本当に感じてました。

中山さんが、千早に初登場する、、というのも、そうだし、
ある意味、ココから、色んな「グルグル」が、
始まってゆく人もいるんじゃないのかな、と思う。

それはきっと、素晴らしいことだし、大切なことなんだよ。

そのために、何やら、柱を立てる。場を整える。自分も整える。
もう、それでいきましょう。。。


なんだか、この一連のプログラムで、一面クリア、、、って
そんな気がしています。

めっちゃ、振動すると思います。11月と12月の千早赤坂村は。

その間、あっちゃんは、ほぼ、ここで暮すくらいの勢いで、
手作り酵素を作りまくっていますし。

たぶん、アムリタでも、さまざまなプログラムがあるだろうし、
あわの歌わの舞いだけじゃなく、
たくさんの「御柱」が、この村に、立つんだと思います。


前に日記で書いた、
「あめのみはしらの神、くにのみはしらの神」さまが、
おられるのかおられないのか、わからないような神社。

そこにも、柱を立てなくちゃ、っと感じています。



と、ゆうことでした。


物質的にも精神的にも、開く時のようですね。

自分自身をまず開き、軸を立てる、
そんな始まりの時に、してください。ご縁のある方たちは。



詳細はまた、追って告知しますね。



※主婦として食事の用意をしたり、
いきなりMGが乱入してきて、PCをあんぱんまんやゴーカイジャーに占拠され、、
そんな、地べたを這うように(笑)に生きてるのが、私の日常でゴザイマス。


遅くなってごめんね。


終わります。




関連記事

プロフィール

 Ats(あっちゃん)

Author: Ats(あっちゃん)
新しい地球創り
NGO千の雫Project

酵素・発酵レシピ
Babbiの家

過去ログ2006.4~2010.9
旧 Ats the way

Facebook水の杜
Facebook
Facebook2
twitter
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
超お奨めの本
アナスタシア1


アナスタシア2


アナスタシア3


アナスタシア4


アナスタシア5


アナスタシア6


フリーエリア