FC2ブログ

Ats the way

「NGO千の雫プロジェクト」「大阪手作り酵素の会」「大阪源流『水の杜』」

カレー・カースト・カオス

2012/08/04 14:38 ジャンル: Category:想うこと
TB(-) | CM(-)Edit

IMG_8822.jpg
*昨日「正食協会」にて「夏野菜と豆のカレー教室」

メニューは
*9種の野菜カレー
*ダルカレー(ひよこ豆でした)
*プリ(チャパティを揚げたもの)
*キュウリのライタ(ベジバージョン)
*ナッツソイミルク 

でした。

スパイスで作るカレー、
日本の薬草で、和風の薬膳カレーとか
作れたらいいな~、とずっと思っていたので参加してきました。

カレーのスパイスといえば、ターメリック。
ターメリックって、「ウコン」なんだよね。

なんとなく、知っていたような知らなかったような、、
(そういうことって、多いよね~)

「ウコン」と言えば、
昨年、秋の酵素を作った時、
河南町の道の駅や、奈良や和歌山産の「ウコン」を
たくさん使わせてもらいました。

土ショウガのような形をして、
とてもキレイな、カレー色(オレンジ色に近い)してました。

確かに、酵素に入れるにはバッチリの食材なんだけど
それ以外に、皆さんいったい何に使ってるんだろう??と
とても気になっていたんだよねーーー。

これ、もしかして、
乾燥させて、石臼で?挽いて粉にして、、、

国産ターメリックで、倭風薬膳カレーに、、、
出来ないでしょうか~~!?

もう、今から考えただけでワクワクしています。

この秋は、絶対チャレンジ。


でも、先生が、
国産の月桂樹(ベイリーフ)なども、あまりパンチがない。
どちらかというと、優しい香り。
だから、カレーにするとちょっと頼りない感じ、、って言ってました。
なので、国産ウコンも、もしかしたら、
とっても優しい風合いで、カレーらしいパンチはないのかも知れません。

ヨモギなどの野草でハーブソルト(野草塩)を作った時、私もそう思った。
日本の野草は、なんとも、優しいんだよね。
それが、日本人らしさ、の特徴なのかも知れないけれど、
それは、私たちが慣れ親しんだ香りや味であるからで、
日常的というか、平和的な味覚、、ってことかも知れないね。
慣れ親しんでいるってことは、刺激的ではない、ってことだから。

カレーって、どちらかというと、刺激的な食べ物。
暑い夏ほど、何故かカレーを食べたくなります。

どんなに優しくて穏やかな日本人でも、
時には、パンチの効いた刺激を求めるのも、自然なことなんだろうね。

だけど、これからの生き方を想うとき、
やっぱり、刺激よりは穏やかな平穏が、方向性のような気がする。

倭風の、穏やかカレー、、、いいんじゃないでしょうか??


それに、昨日教えてもらったカレーはやはりマクロビティック。

陰性にかたよりがちな食材にプラスして、
極陽性の八丁味噌や、お醤油などをプラスして、バランスを取ってました。

「重ね煮」する野菜も、陰性のものから順に積み重ねるという
マクロビオティック特有の「ルール??」があり、
こんなに細やかな陰陽のバランス調整は、ちょっと感動的。


あっちゃんのことやから、陰陽にこだわりすぎる、、なんてことは
絶対出来ない、ええかげん・なんちゃってのジャンクマクロビアンやけど
感性的にはすごい納得してるので、これからも色々チャレンジしたいな~、と思う。


秋にウコンが出始めたら、一緒に作りましょう!!



ところで
このカレー教室の先生は、とっても素敵な方で、
昔、インドのどこかのアシュラムに長期滞在した体験もあり
日本での田舎暮らしや、アジア8カ国での生活、インドでの出産、、
などを経て、「身土不二」「一物全体」を体験的に、
自然から学んだ方です。

マクロビオティックを伝える人は、
どちらかというと「ストイック」な印象があるかも知れないけど
実は、本当に、感覚的にとても「自由」な人が多いです。

ただ自由なんじゃなく、繊細で自由。

桜沢先生自身がそうだったように
おかしな世の中から自立して、「自由に生きる」という
根本的なコンセプトをいつも感じます。

「食」にも、縛られない自由。
ライフスタイルを自分で選択するという、自由。。。


そんな先生から、インドのお話を聞きました。
いわゆる、「カースト制度」の話し。

ヒンドゥーに昔から存在する、いわゆる「身分制度」のことですね。
(詳しくはWikiで)

カーストは、もちろんとっくの昔(1950年)に廃止されているんだけど
実は、今も人々のあいだに、根強く残っているんだそうです。

だけど、そもそも太古の歴史をたどれば、Wikiにもあるように、
紀元前13世紀ごろ、アーリア人のインド支配にともなって
この制度は作られたんだそう。

だから、もともとのネィティブの民族には
そんな身分制度なんて、なかったんだよね。。。

きっと、今よりずっと、調和的に生きていたんだろうと想う。

なんか、どこの国も同じだな~、と思った。

どこの国も、侵略と支配の歴史があるよね。。


神武東征の時に戦い敗北した、ナガスネ族や名草戸畔・・
最近、大和の地にご縁が出来た、私の周囲でもよく登場するお話しです。

ご縁のある、奈良の高天彦神社にも、
大昔の土着の民の魂を沈めるために建てられた蜘蛛塚があります。
片上醤油さんのすぐそばにある、一言主神社にも。

他にも、大和朝廷が成立するまで
日本の中にも数々あった、古代王国。。。

たぶん、古事記や日本書記によって改ざんされた、
本物の、私たちの祖先の歴史があるんだと思う。

今の世の中を見ていると、、、
そんな、虐げられ、侵略され支配された太古の民族たちの魂が
長い長い「報われない想い」を掲げ、
表に出てきているような気が、なんだかずっとするんだよね~~~。

変でしょうかね~~~??



政治の話しばかりすると、なんかブロックを感じてしまうからやめるけど、
やっぱり気になるのは、そんな想いと繋がってるから。

自分から見た今の社会も、
長いあいだ、テレビや新聞を通して、世界を「侵略」していた人たちが
その姿に光りを当てられて、誰の目にも明らかに見えるようになたて、

「どう考えてもなんかおかしい」と、気づき始めているように思う。

オリンピックにしても、おかしなことがいっぱい起きているみたいだし、、


なんだか、まるで歴史に残る、大革命前夜のような、
ものすごい、世界の転換期に、今あるような気がして。

そんな感覚があるのは、私だけなんだろうか??


長い長い、「侵略と支配」の歴史が、ようやく、幕を下ろそうとしているような。


だけど、これは一筋縄ではいかなくて、
対立という構図になってしまうと、たぶんまた同じ歴史を繰り返す。

事実、「支配側」と「支配される側」というどちらの側にも、
似て非なる、ちょっと違う、微妙に違う、
ありとあらゆる、層(レイヤー)の人たちがいる。

こっち対あっち、、では全然ないんだよね。


カーストの話しに戻るけれど、
身分的な階層の中にも、何百という細かい階層があるんだそうです。


今の世界の状況も、
似て非なる、ありとあらゆる思想が混在し、
それが、くっきりと層(レイヤー)を成しているような気がする。

そのレイヤーは、
最初は柔らかい、ぼんやりとしたものだったのが、
このごろは、固いプラスティックか何かの、
パーテーションのように区切られてしまってて、
その層の、上にも下にも行けず、凝り固まっている。

たったひとつ下でも、
その層は頑なで、まったく理解することも出来ない。


カチカチに凝り固まった、偏った思想のミルフィーユ状態、、、とか言うたりして。



ややこしいこと言ってるんだけど、、、
つまり、今の「世界」は、ものすごい、カオス状態だってこと。


こんな時こそ、システムの外側に、そっと逃げて
世界を俯瞰していればいいのかも知れないけれど、
どうにも、自分のカーストは、「一般庶民」のようで、、、


システムの内側にいて、全体を見ているような気がする。




・・・・・・・・・・


カレーの話しから、
なんでこんなややこしい話しに展開するかな。(笑)

これが、哲学少女な私の側面でつ。


とにかく、今の感覚として、
そんなものすごい混沌(カオス)を、打破して生まれ変わろうとしている、
世界はそんなふうに見える。

なのに、それは、新しい世界へのワクワクではなく、
今の状況をぶっ壊してクリアになったとしても、、、
その前に、、、
もっと深いカオスへと向かうんじゃないのかな、という
一種の怖れもあったりする。


それでも、平然と、ニコニコと、
カレー作ったり、野草や酵素や発酵の勉強したり、
新しい生き方を実践したりしながら、普通~に生きて、

そこに向かうしかないんだけれど。。。



こうやって、ややこしくても想いを言葉にほどくことで
少しの混沌はほぐれて解放されるのかも知れない。


今日は満月なんだね。
思考が熱くなるのはそのせいかな。

まー、
これは個人の日記なので何を書くのも自由なんだけどね。


めっちゃ無責任に、ここで終わり。

今日は夕方から子守りがてら、花火見学に付き添わねばならない。。
いつもはひとり留守番をするんだけど。
バビーな現実がありまつ。


つぶやきに付き合ってくれて、ありがとおー!!!



素敵な月夜になりますように♪



関連記事

プロフィール

 Ats(あっちゃん)

Author: Ats(あっちゃん)
新しい地球創り
NGO千の雫Project

酵素・発酵レシピ
Babbiの家

過去ログ2006.4~2010.9
旧 Ats the way

Facebook水の杜
Facebook
Facebook2
twitter
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
超お奨めの本
アナスタシア1


アナスタシア2


アナスタシア3


アナスタシア4


アナスタシア5


アナスタシア6


フリーエリア