FC2ブログ

Ats the way

「NGO千の雫プロジェクト」「大阪手作り酵素の会」「大阪源流『水の杜』」

満月・桃・観心寺。Reunionな一日でした。

2012/07/05 23:07 ジャンル: Category:新しい地球創り
TB(-) | CM(-)Edit

sIMG_8645.jpg
川原農園さんの(お姉さんが育てた)、桃~~~!!
7月のもちよりマーケットで、今度は、この桃、販売させてもらいますよー!

----------------------------------------

さて。
昨日は、バビー業を終えて初、150kmを超えるロングドライブ。
また再開しました。暴走族ライフ♪

河内長野、観心寺 の中にある、小さなお堂で開催される、
小さな集いにお誘いいただき、行ってきました。

集まりは夜だったので、ならば、、、と、
先月、とてもお世話になった、南高梅の、川原農園さんとこに行きたいなーと、
(そこからさらに40kmくらいあるちゅーのに)
千早赤坂村、アムリタの店主、チンマイを誘って行ってきました。

何故なら、、、
先日、最後の残り福の梅1kgを梅干しに仕込んだんだけど
つい、ハクのお世話にドタバタとして、梅のお世話が手薄になり、、
だめにしてしまったのです。。。ショックすぎ。

で、まだまだ良い梅たくさんあるらしいし
これからは、桃!桃のいいのが出来てくると聞いていたので
梅がてら桃もいただいてこようと。

これが、思いのほか、たくさんあって、
せっかくだから全部買って帰ったのです。

そこからまるで、桃の行商おばたんになりました。(笑)


最近、どこに行っても、笑えるくらいご縁が繋がってます。

まず、川原農園さん、「乳酸菌栽培って、何の乳酸菌??」と聞くと
「ヨモギ」と答えるので、まさか~、、と思ったら、
やっぱり予想どおり、「飯山一郎さん」考案?の乳酸菌でした。

この1年、この「米のとぎ汁乳酸菌」の飯山一郎さんのことは
あっちこっちで話題になり、繋がりもありました。

しかも、川原さんは、九州まで実際に飯山さんに会いに行き
色々教えてもらったそうで、なんと、あの「ぐるんぱ」まで持っているそうです。

飯山さんの「ぐるんぱ」を実際に使ってる人だったなんて!
そういう人に初めて会ったので、ちょっと感激でした。^^

まったく、ここでもまた、菌さまの情報伝達で、
繋いでくれた「ご縁」があったんですね。


そして、川原さんと別れ際、
これから、「ゆの里」へ、お水を汲みに行くんだというと、
「かむろというところに、お大師さんのお水があるよ。と教えてもらって、
そこを目指している時に、チンマイが突然、思い出す。

そこからすぐ近くに、深尾一恵さんという、ドクターの病院があることを・・。

「最近、とてもお世話になってたから、この桃を届けに行こう!」となりました。

まったく・・・
深尾さんには、会いたいと思ってもなかなか会う機会がなく、
こーーーーんーーーーなに、近くまで来るのは昨日からわかってるんやし、
そういうこと、一番最初に思いつくやろ。。。と思うんやけど、
こうして、いっつも彼女は、肝心なこと、スポーッと、抜けはるんです。(笑)

そういえば、深尾さんと初めてお会いしたのは、
1年以上前の、野草酵素の頃。

アムリタで会った時、私も深尾さんも、「ヨモギで作る乳酸菌」の
飯山さんのサイトをコピーした、まったく同じ紙を、お互い持って来てたんだった。

ちゃんと菌友が、連鎖してる。はは。

とにかく、無事、ギリギリに思い出してくれたので、
深尾ドクターのいる、小さな病院へ。

ここでも、なんか、いいこといっぱい聞いたけど、
いろいろ、、、忘れちゃった。
まー、でも、またいつか、ちゃんとご縁が繋がることでしょう。
久々にお会いできて、嬉しかったです。


そして。深尾ドクターに、桃を届けた後、
教えられた、「お大師さんの水」を求めて彷徨ったけど、
結局、水はGET出来ず、、、

だけど、偶然に彷徨った、あの、お大師さんのお寺か何か、、、
なんだかとても、不思議な場所にたどりついてました。

だいたい、こんな感じでチンマイと一緒に彷徨うと、
あとから、何かの意味を持ってくることが多いです。

これもきっと、いつか何かでご縁が繋がるんでしょう。


そして、そのまま、そこからほんの1kmほどのところにある、
橋本、神野々(このの)にある、有名な温泉、
「天然温泉、ゆの里」へ。

あっちゃんは、家のお水が切れちゃっていたので、
全部ついでついでで(スイマセン)、20Lのタンクを8つも積んで行ってました。

ここ「ゆの里」は、常連中の常連である、チンマイ。
いつも必ず、ここで誰かと再会します。
私も、前回来た時、とてもめずらしい方と再会したし、
人ではなく、ご縁の繋がりを感じるシンクロがあったり。
昨日も、チンマイは、また誰かと再会していました。

私たちが、温泉ではなく、ランチを食べていたら、
専務さんが声をかけてくれました。

どこでどう話しが繋がったのか?忘れたけど、
「先日、あわの歌の中山さんが来られまして。。。」と。

6/24の、中山さんをお迎えしてのあわの歌の会のあと、
どなたか神戸のメンバーさんたちが、
「和歌山の温泉に、中山さんをラチして行った、、、」と
聞いてはいて、たぶん「ゆの里」かな、と思ってはいたものの。
それっきり忘れていました。

あの大阪での会の終了後、ここに来られていたんです。

中山さんは、ゆの里本館の、どこか一角で、
あわの歌を歌ってくださり、
社長さんと専務さんに、「お伝え」を、くださったのだそう。

わざわざ、そのお伝えを持ってきて見せてくださいました。

内容はまたまたすっかり忘れたけれど、、、

なんか、行間というか、文の全体から、
ここのいろんな歴史や成り立ちなどを、何もかも知っておられるんだな~~と
思わせるような内容でした。

専務さんも、感無量、、という表情で、とても喜んでおられました。


(やっぱ、ゆの里さんって、なんかスゴイんだねぇ。。。)


ここで、たーーーっぷり、「金水」をいただいて、ゆの里をあとに。


それで、その後は、まだ観心寺までは時間があったので
アムリタに寄って、しばし、まったり。


これ。観てください。アムリタの裏です。
sIMG_8624.jpg

この春、ここでたくさんいただいた、「山カンゾウ」に、花が咲いていました~!

ここのカンゾウ、ほぼ全部いただいたのに、
それでも強くたくましく育って、こんなキレイな花が。。。
なんか、キレイになった友だちに再会したみたいな
嬉しい気持ちになりました。(笑)


そして、これ。紫陽花革命。
sIMG_8625.jpg

アムリタのすぐ裏手のお宅に、
こんなにたくさん、咲いていたのです。
ホントに、今の時代を象徴する?革命的なこの数!!
美しかった~~~。


・・・・
なんか、ただの、長い一日の報告、、みたいですが、
なにを書いておるのでしょうね。ワタシ。


そして、やっと、観心寺。
如意輪観音さまがおられる、空海ゆかりの、由緒正しいお寺です。

今、検索したら、素敵なサイトが出来ていたんですね。
http://www.kanshinji.com/


ここでまず最初、出くわしたのは、、、
「世界の出来事の象徴的、、、」な、こと。が起きていたようです。
(意味不明だと思いますが、これくらいで。)


次に、久しぶりの再会が。

3年くらい前、あっちゃんがシンガーやってた頃(^-^)
ライブで何度かミキサーとしてお世話になった、浅田さんと再会しました。

私より年上なのに、スラっと背が高く、めっちゃ若く見えるんです。
久しぶりに会うと、髪はロマンスグレーだけど、少年のように短くカットしてて
ますますスッキリとカッコよくなってました。ずるいぞー!

突然、彼が語りかけるに、、、
2008年、千早アムリタで開催した、「Reunion」という集まりに、
「ケイコ」という人が来ていなかったか??と。

Keikoとは、私も長くコンタクト取っていないんだけど、
今は、ハワイのビッグアイランドで、かなり次元をぶっ飛んで暮す、
カリスマ的な女性のことです。

「Be Green」という、カタチのあるようなないような「チーム」の長で、
2008年、アムリタで、ローチョコのワークショップなどをやってくれました。

「そのケイコさんのところへ、最近息子が行って、
 2ヶ月も、お世話になってきたらしい!!」と、言ってきた。

まーーーーー。
何が情報伝達したのか、お父さんが関わったご縁が、
世代を超えて、ぐるぐると、繋がりまくってるんですね~~。
ビックリです。

古いほうの日記の、2008年8月頃に、「Reunion」の報告を書いています。
探ってみてね~~。


きっと何やら、これも次の何かへと、連結してるんだろうなぁ。。


そして、この浅田さんにも、桃を「売りつけ」(爆)、
観心寺の一角にある、小さなお堂へ。


とても素敵なお堂です。
sIMG_8630.jpg

主催者である、大阪狭山市の、お蕎麦屋「藍さん」の、加藤さん。
http://www.sobaya-ai.jp/


そして、こここここ、、こちらは、、、
超~~男前の副住職さんでございますぅぅぅぅ~
sIMG_8643.jpg


男前にも色々ありまして、、、
かまちゃんのように、両性具有的な(あっちゃん的に)な、男を越えてるような?男前もおれば、
前出の浅田さんのように、友だち的な男前もおり、
こんな風に、連打したくなるような、
そんな男前も、いてはるのです。久々に連打いっとくわ。

この方、ホントに素敵ですよ。
お顔もこころも、立ち振る舞いから、冗談まで冴えてて、
その上、素晴らしいお話もしてくださるんだから。。

この方に会いに来るだけでも、観心寺は価値があります。(あかんかしら・・・)


この日のこの集いは、藍さんの加藤さんが、
あらゆる想いや出来ごとが集結してひらめき、
ここに、ご縁のある方たちを呼んで開催されていました。

あっちゃん的にも、きっと今後とても大切な何かへと続きそうな
そんな予感のある方たちがおられたので、来させてもらったんです。

いつか書きますが(まだ書けずにいるのは理由あり)
最近出合った、偉大な(と私は思ってる)仏師さんも、
そこに来られていました。

もうひとり、私が、一度はお合いしてみたい、、と思っていた、
これまた、偉大なる(まったく知らない方なのですが)、ある方にもお会いしました。

80代後半かな?かなりなご高齢で、
私が、「お初にお目にかかります、、、」とご挨拶したにもかかわらず、

「おやまぁ、これはまた、お懐かしい、、にっこり♪」と、返ってきました。(笑)

何か、いにしえのご縁でもあって、ぐるぐる回って、
ここで、百年目のReunionでも、したのでしょうか。。。

このあと、この素敵なおじいさまの手を取り、
観心寺の駐車場までずっと、介助させていただきました。

おじいさまやおばあさまの手って、私はとても好きです。
いつまでも繋いでいたい、って思うような、あたたかみを感じます。
小さな子どもちゃんの手も、同じですね。

(男前と繋ぐより、いいよ。)

もとい。
そして、そんな人たちとの再会もあり、
これまた不思議といえば不思議なんだけど、
最近、しょっちゅーーーー会っている、わの舞いのぼんちゃんや、さやかちゃんたちが
ふつ~~~に、登場したもんだから、もう笑ってしまいます。

加藤さん繋がりだとは言え、来るとはお互い知らなかったので
「またかいな~~~」と、笑ってしまいました。


はい。
そこでその日、言霊、音霊を奏でてくださったのは、

語り部の、お梅さん。
sIMG_8640.jpg

東北弁で、数々の民話を語っておられます。
この日は、「鬼子母神」のお話。恐い恐いお話です。
民話って、恐ろしい話し、多いですよね。
人間の、深いところに隠された、そんな恐ろしい部分に光りをあて
語り部さんのチカラで、外に出してくれる。

愛と憎しみは表裏一体であり、
人々に恐れられ、忌み嫌われた悪人は、
或いはすべての人の象徴でもあるということや、
どんな悪人も、この世を去れば皆同じ「ほとけさま」になる、
憎しみも悲しみも、この世限り、、、というようなお話。

最後に不思議と、「如意輪観音さま」も登場されるお話でした。

もうひとつのお話も、
女性のひたむきでケナゲな一生を描いた、
こちらは、女神のように、豊かな女性性を書いたようなお話でした。

どちらのお話も、
今日ここに集った女性たちには、深いところで必要としていて
必然的に、心にとどめておくように、私たちはこの日集ったんじゃないかな、と思う。

お梅さんの語り口調は素晴らしく、
お肌も笑顔もピカピカで、その内側の美しさをも顕してる。
副住職さんも、お梅さんの人間性を、褒め称えておられました。


そして。
最後に、その、私たちの誰もが持つ、おどろおどろしい部分を、
清らかな水や風で、洗い流してくださるような、音の霊。
山本公成さんご夫妻の、演奏。ご存知の方、多いかな?
sIMG_8642.jpg

フルートや、鹿の角の笛、ロシアの笛、中国の???
多国籍の、どんな笛も、清らかな響きを、
山本さんがその場に、引き出してくださいます。

私も、お聴きしたのは2度目ですが、
その、ナチュラルでニュートラルで、やさしい~~~、音色は、
そこにいる誰の、どんなに大きく頑ななこころの扉も、
そ、、、っと開けて、ピュアな風を送り込んでくれるような、
素晴らしい音色でした。

本当~~~~に、ネガティブなものが、とろけてしまうように、
人人の「良心」を、思い出させてくれるような、音霊(おとだま)でした。

山本さんのサイトで、確かめてください。
素晴らしいですよ。
http://www.yamamoto-kosei.com/

、、、、

と、こんな感じで、長い一日が終わりました。

ここに集まっておられた、感性豊かな人たち。
八百万の神たちは、それぞれに、担う係りのようなお役があり、、、
あっちゃんは、もともと感性豊かではあるけれど、
どちらかというと、アートというより、梅や桃を売ってるほうが、
なんか性に合ってんのかも、、、とか思いました。(笑)


ここで再会した皆さんに、

「桃、いらん~~~?」と言ってまわり、
結局、皆さん、買ってくださり、
大量に持ち帰った桃も、みごと、さばけてしまいました~~~。


後から、チンマイが言うには、、、

桃といえば、とても精神性の高い果物であり、意味がありますね。
桃源郷、、とか言います。

そして、ここ、観心寺の、ご本尊、如意輪観音さまは、
「如意宝珠」という、珠を、持っておられます。

こちら、観心寺の如意輪観音さま。
kannon.jpg

この、如意宝珠って、、、まさに、桃のような形なんです。

はっは~~~。
今日は、私たち、皆さんに、この「珠」を、お配りさせてもらったってことか!
と、ふたりとも、大満足でした。

如意宝珠とは、
「意のままに様々な願いをかなえる宝の珠」なのです♪


ところでこの如意宝珠。

ちょっと画像お借りしてきましたが、、、
322_1.jpg

この、先っぽがとんがったカタチ、雫みたいじゃないですか??


もともと、チンマイと初めて会ったのは、この観心寺。
如意輪観音さまの、ご開帳のイベントで、
前出の、加藤さんや浅田さんたちが主催されていた会でした。

そしてその日、私たちは、何やら「珠」をもらうことになっていて。

初めて会ったチンマイは、アムリタをはじめたばかり、
私は、「千の雫プロジェクト」を創ったばかりでした。

「アムリタ」とは、慈愛の雫、宇宙の雫、をイメージした名前だとか。
私は、まさに、そのまま、千の雫。

雫繋がり、如意宝珠繋がり、やったわけです。


今日ここに集まった人たちもきっと、
何やらの、タマ(珠・玉・魂・霊・多真・多磨・珠・・・)を
いただくために、集まったんではないでしょうか。

あっちゃんとチンマイは、
それを、「桃」に変えて、お届け(行商やけど)させていただいたのです。(勝手)


その証拠に、、、
一番最初に書いた、「世界を象徴するような出来事」は、
アトカタもなく、とろけて、消えうせていました。

消えるために、出てきていた、ということですね。きっと。


言霊(ことだま)を聴き、音霊(おとだま)を聴き、
如意宝珠を、いただき、(行商のモモね。)

これで完璧。
みなさんの願いが、きっとかないますように。。。


私は、「タマ」というものは、「良心」のことではないか、と思います。


本来、誰もが普遍的に産まれ持っている、「良心」というもの。
或いは、それを「軸」と言ってもいいかも知れない。

右に左に、怒りに憎しみに、時に偏ることはあっても、
真ん中に必ず、「良心」というものの場所があり、
何かの折りには、そのブレを調整し、
ちゃんと、ど真ん中の、「良心」の位置に、立ち還ること。。。

それを、より確かなものにするために、
あっちゃんとチンマイは、昨日、桃を配達したわけなのでしょう。

そのためにきっと、昨日はみんな、
如意輪観音さんのもと、Reunion(再会)した、ということなんでしょー!


ということにしときましょう。


さて。また長くなりました。
こんなふうに、何でここまで書くことあるかな、と不思議なときあります。
今日もそんな日記になりましたが、読んでくれて、ありがとう。

あなたにも、如意宝珠をもう一度。。
sIMG_8645.jpg


そして、、、梅。
今年の梅は、6キロつけることが出来ました。

4キロは、未知のやり方、玄米黒酢とホワイトリカーを入れた減に塩。
sIMG_8648.jpg



美味しく出来ることを祈って。


そうそう。
今日はとっても嬉しいことがありました。
あーーーーーーーん。うれぢい。。。。


また報告します!!!



最後まで読んでくれて、ありがとう!




関連記事

プロフィール

 Ats(あっちゃん)

Author: Ats(あっちゃん)
新しい地球創り
NGO千の雫Project

酵素・発酵レシピ
Babbiの家

過去ログ2006.4~2010.9
旧 Ats the way

Facebook水の杜
Facebook
Facebook2
twitter
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
超お奨めの本
アナスタシア1


アナスタシア2


アナスタシア3


アナスタシア4


アナスタシア5


アナスタシア6


フリーエリア