FC2ブログ

Ats the way

「NGO千の雫プロジェクト」「大阪手作り酵素の会」「千早ダーチャ」「Babbiの家」

お醤油チームの遠足でした。

2012/03/18 23:05 ジャンル: Category:新しい地球創り
TB(-) | CM(-)Edit

sIMG_7902.jpg
これがみんなで植えた桜の木

10年後、50年後、100年後、400年後・・・?
この桜さんたちが、元気で咲いてくれますように。

今日は、2月に開いた
「お醤油作りワークショップ」の、遠足でした!

メンバーの半分以上、13人の参加でした!

朝、雨は上がっていたんだけれど
途中でだんだん降ってきて、
なんだか、泥んこになりながら、みんな頑張りましたー!


いざ出陣。
sIMG_7896.jpg


こんな風に、穴を掘って、近くの小川から水を汲んできて
桜の木を植え、添え木を打ち込んでいきます。
金剛山登山の会の方たちがたくさん参加されてました。
sIMG_7897.jpg

sIMG_7898.jpg


ねずみ男ではありません。男前のJoe
sIMG_7905.jpg

弟のRay
sIMG_7903.jpg

二人とも、今日も元気でカッコ良く、
よく働いていました。えらい!!!


いったい何本くらい植えたんだろう。
総勢40~50人、いらしたかな~。
中には、81才の太極拳の先生もいて、
めっちゃ元気で活躍されていました。

午前中に予定の植樹を終えて、
お宮の前にある小屋で、お昼を振舞っていただきましたー。

ここは全然写真撮れていませんが(夢中・・・)

森本さんの妹さんが大阪から、
炊き出しに駆けつけてくださっていて、
お野菜がたーーーっぷり入った豚汁を
ふるまってくださいました。
このお味噌も手作りだそうです。
めーっちゃ、美味しかったです!

お弁当と豚汁を、お腹いーっぱいいただいて
お先に失礼しようとしたら、また呼び止められ、
小屋の中に入ったら、今度は、おぜんざい!
もー、めちゃ美味しくて、
そしたら、その後から、「おいなりさん」も
出てきたそうで、もうみんなぶくぶくになって
植樹でのカロリー消費量を大幅に上回る、
こころのこもったおもてなしを受けましたー。

そして、また写真撮り忘れていますけれど、
裏のお山(灯明山)の全体が見渡せる、
それは素敵な場所に、空いている田んぼがあって
そこを貸していただける、というありがたいお話。

その場所にみんなで降りてみましたー。
(美味しそうな)、元気そうな野草が
そろそろ育ち始めて、緑がびっしりで、
そこから、霧にかすむ灯明山を見ていると、
どんどん、妄想がふくらみました。

それぞれ、こんな場所で暮してみたい、とか
畑作り、綿作り、、、想いは広がって、、、
これは、本当に実現するのかも知れません。。

-------------

そして、高天をあとにして、片上醤油さんの蔵見学へ!!

多人数でおじゃましたにもかかわらず、
また、あたたかく迎え入れてくださり、
丁寧な説明とともに、蔵を案内していただきました。


これは、大きな大きな杉の樽を、下から撮った写真。
半分ずつ、上に上げてもらっています。
sIMG_7908.jpg

大きいでしょ~~。
sIMG_7909.jpg

ここ以外にも、広い蔵のあちこちに、
古くから受け継がれている杉の樽がたくさんあって、
片上醤油さんちで長年そのいのちを受け継いだ
「片上菌」さんがたーーーくさん住んでいて、
本当~に、ここでしか作れない、ここでしか育たない、
独特のお醤油になってくれるんですね。

その「片上菌」さんのもろみを、ほんの少し、
私たちも分けていただいて、
今私たちの家にいる、「Myしょーゆ君」たちを
大事に大事に、育ててくれています。

片上さんも
「醤油を作っているのは、私ではなく、
 ここに住み着いてくれている、微生物たち。
 私は、その微生物さんのお世話をさせて
 もらっているだけなんです。」と、
 とても謙虚にお話されていました。

ぼなぺち@りょうすけも、おんなじこと言ってますね。^^

そうなんだよねー。
私たちはみんな、こうした目には見えない、
微生物さんたちのおかげで、生きていられるんだろうね。


先ほどの写真の、大きな杉の樽の上に上がらせてもらいました。
(片上さんの仕草、なんかカワイイんですけど~♪)
sIMG_7916.jpg


いやー、本当に、お醤油を愛しているんだな~~~、と
愛しげーに、ひとつひとつの樽の中のお醤油さんの、
それぞれのストーリーを、話してくださいました。


ワークショップの時、みんなで奪うようにお味見させてもらった、
片上さんちの、もろみさまたち。
今日もまた、大根スティックと一緒に、用意してくださってました。
嬉しいね~~~~。しかも美味しい!!
sIMG_7911.jpg

薄口のもろみ、緑豆のもろみ、再仕込みのもろみ、、、

それぞれに、特徴があり、コクや深みも、
違いがだんだんわかってきますよ~~。


これは、、、何だと思いますか!?
sIMG_7918.jpg

大豆を煮る、「圧力釜!」です!
(西田くん、参ったかーー!?)

これで、何キロ蒸す、って云ったかな??
330kgだったかしら、、、
ものすごい圧がかかるので、蒸気を抜くのも大変。
いやーー、こんなん欲しいわ~~~。(!?)


その前の段階、片上コウジくんたちのお部屋、
「麹室(こうじむろ)」も、見せてもらったんだけど
あこがれとうらやましさのあまり見入ってしまい、
写真撮り忘れ、、、(涙)
木で作られた、3畳くらい?の、天井の低~い「むろ」、
古き良き時代の、素敵なおもむきがあって、、、
温度をきっちり管理して、3日間、「寝ずの番」の場所です。

こんな部屋、欲しい~~~~。

考えたら、お味噌もお醤油も、
コウジ君を育てるのは、同じなんだよね。

種麹の種類は少し違うのかも知れないけれど。


そして、これが、出来上がったお醤油を絞る機械です!
sIMG_7919.jpg

もろみを布に広げるように包み込んで、
上から、ゆっくりゆっくり圧をかけてゆくんだそう。
この「残り福(絞りかす)」は、
以前来た時に、食べさせてもらったんだけど、
実は、めちゃめちゃ、美味しいんです。

販売は出来ないようだけど、
これは、お醤油やさんだけの、秘密の?お楽しみ。
でも、良い調味料になるかも、と研究も進んでるそうですよ。
ワークショップチームの皆さんは、1年後楽しみですね!


赤~~~く、底のほうに見えるのが、
絞りたての、お醤油さんですよ。
キレイでしょ~~。こんなに赤いんですよ~。
sIMG_7920.jpg


最後に、こちらのタンクに来て、
ここで瓶詰めにされます。
sIMG_7922.jpg


今日はみんな、お醤油も買い足して
(一升瓶で買ってたり!!)、
またまた、楽しい時間を過ごさせてもらいました。

お店でお醤油を選んでいたら、
お客さんが次々に来られていました。

その中に、あれ?見たことあるお顔が、、、
なんと、さっき、高天の小屋で、
豚汁からおぜんざいから、おいなりさんまで
美味しい手作りの食事を振るまってくださった、
森本さんの妹さんご夫妻でした!

実は、ここでお会いして初めて、
この方が森本さんの妹さんだとわかったんですが、
もともと、高天で生まれ育った彼女は、
やっぱり片上さんのお醤油が一番!と、
こうして実家に来るたびに、買い求めに来られるとか。

以前お会いした、雅楽をやっているSさんも、
実はこのあたりの出身で、彼女も言ってましたけど
子どもの頃から、片上醤油さんの、小さな杉の樽が
お台所にいっつもあったんだそうです。

昔は、お醤油も、杉の樽に入って、売られていたんですねー。

いやーーーー。
なんだか、だんだん、お醤油のことも
詳しくなってきた気がします。

お味噌用に、コウジ君を育てる自信もついたし!
来年は、豆コウジくん⇒北野しょーゆくん育てに、
チャレンジしようかなーーー!!!

(西田くんは、こっそりチャレンジしたらしいと風の噂です・・・)



はい。
今日も本当~~~に、
すべてすべて、ありがたいことばかりでした。


仕上げは、、、
遠足といえば、産直のお店とおみやげ購入!!

帰り道、みんなで、産直のお店に寄って
里芋や茶豆などを買って、
また、私の車で大阪に向かうチームは、
ついつい、途中の道の看板に誘われて、
當麻駅近くの、あの、よもぎ餅のお店
中将堂本舗に、お立ち寄り。。。

もーーーー、、、、
どんだけ美味しいんだ、、、ってくらい美味しいです。
何個食べても、まだ食べれますわ。

皆さんもぜひどうぞ。




終わりまーす。
今日の報告でした!!!!

明日からは、もちよりマーケットの準備!
またじゃんじゃん宣伝ブログが続きますよ!
ぜひぜひ、遊びに来てください!
今月は、3/24(土)ですよ。
明日、チラシUpしまーす。


おやすみなさい。
いつも読んでくださって、ありがとうございます。




関連記事

プロフィール

 Ats(あっちゃん)

Author: Ats(あっちゃん)
新しい地球創り
NGO千の雫Project

酵素・発酵レシピ
Babbiの家

過去ログ2006.4~2010.9
旧 Ats the way

twitter
Facebook
Facebook2
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
超お奨めの本
アナスタシア1


アナスタシア2


アナスタシア3


アナスタシア4


アナスタシア5


アナスタシア6


フリーエリア