FC2ブログ

Ats the way

「NGO千の雫プロジェクト」「大阪手作り酵素の会」「大阪源流『水の杜』」

『あれ駄目これ駄目難民さん』

2012/01/30 23:11 ジャンル: Category:想うこと
TB(-) | CM(-)Edit

IMG_7238.jpg
*「永遠の少女」たち(笑

「マクロビオティック上級クラス」などという、
かつての自分の「未来設計図」には決してなかったクラス。

そのクラスの、課題であった、読書感想文を、
締め切りギリギリに、先ほど添付で送付しました~。

読んだ本は、こちらです。
21UXBh4HccL.jpg
*永遠の少年 桜沢如一

小さなご本ですが、とても元気になります。
人生に行き詰まり、突破口を探している方には、
目から鱗の、魔法のランプですよ。お薦めします。

この本を読んだ感想にも繋がるけれど、
今日は久しぶりに、「想うこと」カテゴリーで。

昨日のマクロビの教室での先生のお話しに
とっても、こころが振動したのですよ。
ここでシェアしたいと思います。

私より、かなりお若いと思われる先生、
ご自身が身体を壊され、マクロビに出会い、
どんどん体調を整えていかれたのだそうです。
指導者にもなり、マクロビの素晴らしさを伝えるようにも。

だけど、あまりにのめり込んでしまい、
どんどん食生活に厳格になり、ある時、
今度はまた逆に、体調を崩してしまわれたのだそう。

身体はどんどん健康になったはずなのに、
なんだか、この身体と頭が合わなくなってしまった、と。
何がどうしたのかわからないまま不調が続くので、
一度リセットしようと、2年ほど正食から離れたのだそうです。

仕事も一旦、完全にお休みされたそうです。

振り返ってみると、食の陰陽のバランスや
「正しい」食材選びや食生活、、、
「アレは駄目、これも駄目、、、」と、
食べ物に関してだけの選択だったはずなのに、
いつの間にか、
「あの人は駄目、この人も駄目、、、、」なんて、
見るものすべてをジャッジしてしまうような、
すっかりカチンコチンの生き方に、なってしまっていた、、、

そんなお話をしてくださいました。

「そういうのを、『マクロビ難民』って言うそうです。(笑』

「なので、皆さんにアドバイスとして、
決して、のめりこまないようにお薦めします。」

と、今はすっかりそんな風には見えない、
にこやかで余裕のある笑顔で、そうおっしゃっていました。


マクロビの初級の講義で、人間の歯のお話があります。

人間の歯の役割として、
穀物を噛み砕く役割の、臼歯(奥歯)が20本、
果物・野菜を噛み切る役割の、前歯が8本、
そして、肉などを噛み切る犬歯が4本。

この、5:2:1の割合が、人間に合った食生活なんじゃないか、と。

なので、動物性の食べ物でも(その他ジャンクでも?)
1割程度は、余裕として持っておけばいいんじゃないか、と。

これは、校長先生も、時々話されています。
厳格に、正食にハマるのではなく、
本当に体調の悪い時に、ただ病院や薬に頼るよりも、
食養としての知識を持っておくことを心がけて、
普段は、もっと余裕を持っていていいって。

不良な私は、こんなお話を聞くと、
マクロビにはとても厳格なイメージを持っていたのもあって
ニカっと安心し、ホッとしたものです。

そう。
どんなに素晴らしい思想でも、
どんなに「正しい」ことでも、
厳格に守りすぎると、身体も心も、壊れてしまうんですよね。

『アレ駄目・コレ駄目難民』

この難民さん、実はあっちこっちに存在してますよね。

たとえば、

『子育て難民』

正しい叱り方、正しい接し方、正しい子育て、、、、
「育児専門家」か何か知らんけど
エラそ~な、おっさん 先生とかが書いている、
そんな「育児本」を見かけるたびに、

「一回自分で育ててみろや~~~!」と、

不良な母(ワタシ)などは、よく叫んでやったものです。(笑
本など放り投げて、2度と読まなくなっちゃいました。

私のような、スキだらけ、手抜きでマヌケで、
もともとダメダメを自覚している不良母には
逆に少しの真剣さも、時には必要だと省みなければ、、、でしたが。

でも、こんな「正しい○○○」などという言葉が、
呪縛のように、生活すべてを占めてしまい、

アレもだめコレもだめ、ワタシの子はダメダメ、、
そんな私も母親としてダメダメ!!全部ダメ~~~、、、、
なーんて、子育て難民ママが生まれてしまいます。

頑張りすぎて、可哀想で胸が痛みます。

子どもだってそうです。
良い子難民。

親や先生に気に入られるために、
難民になっている子どもさんは、いませんか?

可哀想です。


良い主婦難民、、、いませんか?

私も、過去にちょびっとなりかけたけど、
まったく難民になりきれず、すっかり不良主婦のまんまです。はは。


環境問題難民、、、

平和活動難民、、、

良い人難民、、、なんていっぱいいるかも。

良い人でいなければ、
誠実な人でいなければ、、、
正しい生き方をしなければ、、、


「正しいこと」は、人を追い詰めるんだよね。
「良いこと」は、必ず反対に、「良くないこと」を生み出してしまう。

その反対のエネルギーが、自分を攻め立てるんだよね。


不良の私にも、難民の思い出はありますよ。

過去、若いころの自分の体験だけど、
むっちゃ、理不尽なことが嫌いだったから、
理不尽なことをやってる友人を、責め、意見し、
正義を語りまくったことがある。
きっと、いっぱい傷つけただろうな。

ところが、その数年後、
その理不尽なことと、そっくり同じことを
自分もやらかしてしまうことに。

人を責めたその言葉がすべて、
剛速球で、自分に向かって返球されてきた。

友人を責めた、その何倍も、私は自分を責めた。
そして、自分の信条に逆らったがために?
誰にも相談も出来ず、、ひとりで自分を責め続けた。

今なら、全部笑ってしまえるほど解放されているけれど、
その時は結構辛かったかな。

人を責めるは、自分を責めることになる。
大きな学びになりました~。

今では、すべての人に、自分の側面を見ることが出来るから
かなーり、少なくなったけれど、
それでも、本質的には子どもなみに正義感が強いから、
時々やってしまうこともある。

正義難民。ははは。

それでも、今は笑えるくらい客観的に見えます。
わかりながらやってしまう、一番アホですね。


皆さんも、身に覚え、ありますか?

「○○難民」になってみて、初めてわかるのかも知れないね。
人の痛みや、こだわりすぎることの大変さとか。

どんな「正しい」ことでも、
カチンコチンになってしまうことが、
健康にも環境にも、家庭にも、不調を伝搬してしまうこともある、と。


それでも、その厳格さを、とことん追い続け
死ぬまでまっとう出来るなら、
それはそれで、最高に素晴らしい人生と言えるのでしょうね。
時代の英雄は皆、それをやりぬいたのかも。



とにかく
私もまた、自分の姿を省みようと思います。


マクロビの先生たちは、ほとんどの先生が、
同じように、「偏り過ぎないように」と教えてくれます。

写真に写ってる先生たちの、嬉しい楽しいお顔が
その、余裕を物語ってますよね。

桜沢先生も、もともとそうだったんだよね。
「自由と幸せを手にするための秘法」として、
玄米菜食、正食を、伝え続けたんだもの。


もし、人生がぐつぐつと煮詰まってしまったら、
焦げ付く前に気づいて、火を止めることも大事ですよ。

何ごとにも偏らず、時々は不良も脱線もして、
そんな自分を謙虚に反省もして、
そして、笑って笑って、

楽しく生きていきましょう~~~。


先生、良いお話、ありがとうございました!!!




さーて。
元気に地球創りは止まることを知りません。

明日は、ローチョコ作りを変更して、
仲間たちが集まって、「豆の選別」(謎??)をします!

あさって(2/1)はは、「あわの歌を歌う会」ですよ~~!予定表チェック!
たくさん、響かせたい人たちがやってきまーす。

2/4の酵素チョコワークショップには4人の女性が来られます。
その練習用に、酵素チョコレート、明日おやつに持って行きます!
試食してくださいね~~。
もちろん、酵素ジュース付きです。
あわ歌響き渡った身体に、じわ~~~っと、染み渡りますよ!




ではこの辺で。お風呂はいってさっさと寝ます!
皆さんも、嬉しい楽しい夢を!




関連記事

プロフィール

 Ats(あっちゃん)

Author: Ats(あっちゃん)
新しい地球創り
NGO千の雫Project

酵素・発酵レシピ
Babbiの家

過去ログ2006.4~2010.9
旧 Ats the way

Facebook水の杜
Facebook
Facebook2
twitter
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
超お奨めの本
アナスタシア1


アナスタシア2


アナスタシア3


アナスタシア4


アナスタシア5


アナスタシア6


フリーエリア