FC2ブログ

Ats the way

「NGO千の雫プロジェクト」「大阪手作り酵素の会」「千早ダーチャ」「Babbiの家」

農耕民族へ回帰する?

2011/12/26 20:34 ジャンル: Category:新しい地球創り
TB(-) | CM(-)Edit

b95d657dde8424823186e73891f8d7f0.jpg

さて、ここは何処でしょう??
神戸市三田にある、有馬富士です。カッコイイでしょ?

菌友・草食友、そして「日津久の民の会」友の、
西田くん一家の経営する霊園、
「有馬富士メモリアルパーク」は、このすぐ正面にあるのです。

後ろには、綺麗な水のある証し、「清水山」という名の、
小さくて優しいEnergyのお山があります。

最高~に素晴らしい場所にある霊園です。
これから、お墓を建てようという方は、絶対お薦め!
美人のお母さま(僧侶さまですよ)と、
何でもポケットから出てくる、西田ドラえもんが迎えてくれます。
きっと、安らかに眠りにつくことが出来るでしょう~。(笑)

この場所で、毎日お山からのエネルギーをいただきながら、
仕事したり?炭素循環農業したりしている西田くん。
もう~~、いつでも遊んでくれそうなので、お近くの方、
ぜひお立ち寄りください。(、、、って。怒られるかな?)

きっと、ネギか大根、くれます。


このご近所、有馬富士の裾野に、
長年見捨てられたような、棚田(水田)があるのです。

そこを、ぼなぺち@りょうすけを中心に、
自分のチカラを、未来の地球のために「一品持ちより」したい
人たちが集い、開墾を始めたのです。

私も先日、初めて行ってきました。

またしてもカメラを忘れ(正確にはメモリカードを忘れ・・・)
写真は、全部、「もっちょり人」のたっちゃんが送ってくれました。
段々になっている田んぼの、最上部と、途中に、
ため池があって、水田は草ぼうぼう、うっそうとしています。

後ろのほうの白いのがAts。赤いのがみっちゃん。
暴れているのではなくて、刈った草をかき集めているんですよ。
CAFSFB7E_convert_20111226203422.jpg
手前にいるのが、ぼなぺち@りょうすけと、西田ドラえもん。
電動草刈機で、ガーーーガーーーと、刈っています。


何だか、本当に、農耕民族な風景。
CAIS822J_convert_20111226201653.jpg


刈った草を、大きな袋に詰めて最上部の池に運ぶために、
こはるちゃんが足で踏んでいます。
この子は、私のMGではありませんが、カワイイでしょ~♪♪♪
CA7ENEFR_convert_20111226202028.jpg


ここが、最上部にある、大きな池。
水が何故だか白く濁っています。
そばには、野生のローズヒップがいっぱい赤い実を付けていました。
CAMTIS54_convert_20111226202406.jpg


この池を浄化するために、
この地で刈った草を投入するのだそうです。
そして、私たちがこの秋(というか私は春から溜め込んだ)、
手作り酵素ジュースのパルプ(残り福と云う)も、ここに投入。
そして、この日は、木内さんの「太古の水」をりょうすけが持参。
それを、たっちゃんが、ゴージャスに、原液1パック全部投入!!
(と云っても、全部で20mlですが、、、)

それで、この日の約1週間前にも、酵素の残り福や刈り草を
投入していて、同じところに太古の水を入れたんだけど、
水に長靴ごと浸かりながら一本ずつ入れるたっちゃんの足元、
じーーーっと見ていたら、あら?何だか、、、澄んできてる?
一緒にいた人たちもみんな同じ実感。

酵素の残り福か、刈り草か、太古の水か、、、
それとも全部か、、、

本当~~~に、水が澄んできている気がしませんか?
※クリックすれば大きくなります。
CA75YUOI_convert_20111226202611.jpg

スゴイね~~~~。
ここにいつか、黄金の稲穂が実る日を夢見て、
私も時々、大阪から参加しようと思っています。

「私もやってみたーい!」と云う方、ぜひご参加ください。
木内さんの講演会の時も呼びかけがあると思いますが
講演会に来れない方でも、全然オッケー!

有馬富士メモリアルパークの、西田ただひろさん
(079-559-9000に電話して本人を呼び出してもらうか
 「畑や田んぼのことで、、、」と言ってくださいね。)

加古川の古民家カフェ「おかげさま」気付け、田中良介くんに
アクセスしてみてくださいね。

りょうすけのメールアドレスは
0_lab★mail.goo.ne.jp
(★を@に変えて送信してください)


大阪から一緒に行きたい方は、
右のメールフォームから、Atsまで連絡くださいね。


そして、もう一箇所。
ちょうど同じ頃、木内さんを元気一杯サポートしている、
大阪は門真在住のYさん家が所有の、約100坪の土地。
ここを、「一品持ちより」として、使わせていただくことに。
ご近所の高齢者の方たちや、小学校の子どもたちも一緒に
おイモや野菜を作りたい、と願っておられます。


ここにも先日行ってきました。
大阪市内でも、このあたりは、古い民家も多く、
なんとなく懐かしい風景もたくさんあります。
周りは水田。この一画だけがずーっと放置状態だそうで
それでも毎年除草剤がまかれていたらしく、
草も土も、全体的に弱ってしまっているそうです。
sIMG_7294.jpg


トランジッションタウン大阪の、くいちゃんが、
りょうすけから借りた草刈機で、草を刈りはじめます。
sIMG_7308.jpg


だんだん波に乗ってきて、なんだかめっちゃ楽しそうに
ガーーーガーーーと、刈りまくってます。
sIMG_7309.jpg


Yさんの子どもたち&お友だちもやって来て、
刈った草を集めるお手伝い。
子どもたちがいるって、本当にいい風景。
sIMG_7311.jpg


トランジションタウン大阪のメンバーの方がご夫婦で来てました。
右側は、千の雫のともちゃん。頑張って手で刈ってます!
sIMG_7316.jpg


そして、夕暮れ近づく頃、機械がトラブルで止まったので
あと少し、ってところで終了。
このあと、私はお先に失礼したけれど、
残ったところを、もしかして、手で全部刈ってくれたかも。ありがとう。
sIMG_7318.jpg

この後、炭素循環農法というか、
生態系を遵守する農法、
西田くんが云うには、「地球まるごと発酵」農法、、、
農薬も肥料も一切使わず、ただ、土の中の微生物のお世話をし
土を元気にしてもらって、結果、美味しい野菜がいただける。

しいたけ栽培に使った後の「残り福」、廃菌床(きんしょう)を
山ほどいただいてきて(本来捨てられてしまうのだそう)、
そこに住む、微生物さんに登場してもらうのだそう。
刈ったばかりのこの土地の草にも、微生物が住んでます。
その草は、奥のほうから、土にふんわりかぶせてきました。

農業指導のりょうすけが云うには、
ここにはまず、ジャガイモを植えるらしいです。
そのあと、玉ねぎに、サツマイモ。

来年の秋、子どもたちの歓声とともに、
大きなおいもが収穫出来ると、いいな~~~。


、、、
ということで。

「食のご用」に始まった2011年。そろそろ終わろうとしています。
農耕民族になれるかどうか?まだ自信ないんだけど、
それでも、勝手に時間もコトも、走り出しています。

追っかけながら、追いつきながら、
きっと、ワイワイと楽しく、農耕民族系~になれるかも。
一緒に、汗を流してくれる人、大募集です。


こんな風に、大地を耕し、恵みをいただき、
それを、加工し、発酵させたり、調理したり、、

ごくごく、当たり前に、そう暮していたご先祖さまたちの
本来の農耕民族としての、在り方。暮し方。
少しでも学びながら、
何もなくても、在るものだけで十分暮らしてゆける、
満ち足りた暮らしが出来ることが、夢ですね。

1歩1歩、出来ることから。


さーーーー。
今年もあとわずか。
云うてるうちに、大掃除が間に合わないぞ~~~。


では、
おやすみなさい。
農耕民族な、夢でも見て、未来を考えてくださいね。


今日も最後まで読んでくれた人がいたら、ありがとう。


関連記事

プロフィール

 Ats(あっちゃん)

Author: Ats(あっちゃん)
新しい地球創り
NGO千の雫Project

酵素・発酵レシピ
Babbiの家

過去ログ2006.4~2010.9
旧 Ats the way

twitter
Facebook
Facebook2
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
超お奨めの本
アナスタシア1


アナスタシア2


アナスタシア3


アナスタシア4


アナスタシア5


アナスタシア6


フリーエリア