Ats the way

「NGO千の雫プロジェクト」「大阪手作り酵素の会」「千早ダーチャ」「Babbiの家」

本格「ぬか漬け」習ってきました♪

2013/08/03 21:53 ジャンル: Category:漬物
TB(-) | CM(-)Edit

DSCN1981.jpg
じゃーーーん!!糠漬け材料3人分!

行ってきましたー。京都えびすやさん。
お漬物の天才、高橋加代子さんと出合ってから1年ちょっと。
やっとタイミングが合って、念願の本格糠漬け、習ってきました!

味噌・梅干し・手作り酵素、、と、
我が家に数々の発酵食品が増えてきてけれど、
まだ手をつけていなかったのが、この「糠漬け」。
これで、古きよき日本の伝統の保存食が揃い踏み!

発酵環境も整って、益々「蔵」と化してきました!嬉しいよ~!


今回は、千の雫のきよりんと、
お醤油や梅干し作り、泥んこパックにもに来てくれた、
ハルミちゃんと3人でした。
ハルミちゃんも、ずっと「My糠漬け」願望があったそうで、
とっても喜んでいました。ヨカッタ!

それにしても、糠漬けは、奥が深い。
やっぱり、日本の伝統です。次世代に受け継ぎたい家庭の宝。

昔はみんな、家で糠漬けを漬けていて、
お嫁に行く時も糠床さげて行ったと聞きますよね。

それでも、各家庭ごとにその味は全然違って、
置く場所や、温度や、家庭の平和度や(笑)、
その家で生息し続けている菌さまや、土着菌や、
ありとあらゆる環境因子が作用して、唯一無二の、お味になるのですね。

お味噌や酵素とおんなじです。

今日、まったく同じ材料で、まったく同じ容器で作った私たちも
きっと、それぞれ独自の味に、醸されていくんだろうな~。楽しみ!

こちらが、京都新町えびすやの、高橋加代子師匠~♪ピンボケごめん。。。
DSCN1983.jpg

漬物の歴史や栄養素など、とても詳しくレクチャーしてくれました!

糠漬けは、野菜が本来持つビタミンやミネラルなどを、
その発酵の過程で倍増してくれるそうです。

糠床はビタミンB類が豊富で、野菜の生の状態よりも、
大根で12倍!、キュウリ5倍!、なすびで2.5倍、、、にもなるそうです!

生野菜で食べるより、ずーっと栄養が豊富。
もちろん、発酵食品だから、腸も元気。酵素もめちゃ豊富。
和のローフードの王様ですね!


はい。
まず最初は、塩水とぬかを混ぜてゆきます。
DSCN1984.jpg
ハルミちゃんときよりん。

加代子さんのこだわりは徹底しています。
こだわりの塩に、こだわりの水、こだわりの鍋!で
前日に塩水を沸かしてさましてくれていました。

無農薬の精米したての、ふわっふわの糠!超高級な糠です。
最初に、その糠をそのまま食べさせてもらいましたが、

甘い!!びっくりするほど甘~~~い!んです。
スゴイですね~、糠って。こんなに甘いとは知りませんでした。

だんだん混ざってきました。
エネルギーのめぐりを考えて、右回りに混ぜます。
DSCN1986.jpg

これは、上等の昆布とタカのツメ。
細かく切ってくださっていたものを、混ぜ込んでいきます。
DSCN1988.jpg

そして、ヒッシで練っているところに、
加代子さん、おもむろに冷凍庫から持ち出してきた、
柚子の皮や山椒の実を放り込んで!良い香りがしてきました!
そして、糠床完成!

だいたい15日で発酵が完成するそうで、
最初は野菜クズなどを放り込んで「捨て漬け」というのをするらしいですが
加代子師匠は、とにかくさっそく、野菜を漬け込んでOK!と。


今日、用意してくれていたのは、
大根・キャベツ・キュウリ・人参・ナス・パプリカ・オクラ、ウリ、、
朝採りの新鮮野菜を用意してくださっていました!
DSCN1989.jpg

丁寧に塩を摺りこんでから漬けます。
DSCN1994.jpg

この塩の摺りこみ方が、もうスゴいこだわりで深い。

だいたい、塩を付けすぎ!なんだそうです。
ほんの少しの塩を、手の熱で溶かさないように、
ザラザラと、少しずつ、丁寧に摺りこみます。

DSCN1996.jpg
キャベツは、葉をめくって間にも糠を塗り、
こうして、芯のところに、透明になるくらいしっかり摺りこみます。

ナスは縦半分に切ってよく摺りこみ、少し水気を絞ってから、、、


真剣に漬けるきよりん♪
DSCN1992.jpg

オクラとキュウリを最後に入れて
糠でキレイに蓋をします。
DSCN1998.jpg


そして、糠床をキレイ~~にまっすぐ均して、
タルの側面に着いた糠を、専用の布巾でキレイに拭い取ります。
DSCN2000.jpg
コレ、一番肝心!

DSCN2001.jpg
キレイでしょ~?
毎日毎日この糠床、素手でかき混ぜて、
そして、布巾で周囲をキレイにふき取る。これ必須。

それで、カビも防ぎ、糠が痛むことなく、ずっと長持ちするそうです。
味噌作りの時と同じですね。でも、糠床は毎日毎日!です!(汗)


これは、加代子さんの糠床!!高級杉の樽!です。
DSCN2005.jpg
あこがれます~~。厚さ1.5mmはあったと思います。
伝統の手作りで、!万5千円くらいするそうです。欲しいなーー!

「女性は洋服や宝石など、平気で大金はたくのに、
 なんでこの杉の樽の1万5千円が高いというか、わからない!
 こんな毎日食べるものにこそ、良いもの使うべき。一生ものよ!」

と、加代子さん。そうやな~。説得力あるわ~~~。

ほら!
こんなキレイな、加代子さんの糠漬け!!
DSCN2008.jpg
お母ちゃんの糠漬けと、かなり違うなぁ~~。

塩加減といい、色も味も、本当に素晴らしく美味しいです!
お茶うけのように食べても良し、もちろんご飯に良し。

糠が良いのと、塩の摺りこみも完璧なせいか、
4時間~6時間で、ちょうど美味しい浅漬けになります。

濃い味が好きな人は、1日漬け込めば、たまらんご飯のお供に♪


3人の糠漬け、完了~♪
DSCN2006.jpg

家に帰って即、キュウリやなすび、オクラを取り出して食べてみました!
ちょっと浅めだったけど、すでにとっても美味しく上品な味!

これから、毎日毎日、自分の常在菌を入れ込みながら、
どんどん我が家のオリジナルな味に、育ってくれるでしょう!

めっちゃ楽しみです!


これからの時代は特に、加工品や加熱食品ばかりを食べていたら、
免疫はどんどん下がってしまいます。
発酵食品や酵素は体調管理にかかせませんね。

お味噌や梅干しに続き、
自家製の糠漬けは必須アイテムになってくるでしょう。

今こそ、ディスカバー・ジャパ~ン!ですよ~♪

家で糠漬け作っている人はたくさんおられると思いますが
まだ未体験の方、ひとりで始めるのが不安な方、
ぜひぜひ、えびすやの加代子さんに習ってくださいね!

超~~、お薦めします!


詳しくは、えびすやの高橋加代子さんまで。


14012362_965062762_7small.jpg

会場:えびすや
京都市下京区新町通五条下る蛭子町112

交通機関:京都市地下鉄「五条駅」④番出口から徒歩4分
④番出口から地上に出て、そのまま五条通り(4車線の大通り)を西へ。
2つ目の信号(角に「なか卯」があ
る)を左折し、右側の4軒目。



良い糠、良い野菜、そして良い常在菌!
自分の常在菌で育てる、最高の食材ですね。

加代子さんが、

「動かないけどしっかり生きている新しい家族」

と、言ってました。ホントにね。大事に育てたいです!

最初の最初が肝心です。
加代子さんにお任せすれば、とっても安心に始められますよ~。
超~お薦めです。


加代子さん、ありがとうございましたー!!
毎日しっかり、マゼマゼしまーす♪



終わり



プロフィール

 Ats(あっちゃん)

Author: Ats(あっちゃん)
新しい地球創り
NGO千の雫Project

酵素・発酵レシピ
Babbiの家

過去ログ2006.4~2010.9
旧 Ats the way

twitter
Facebook
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR