FC2ブログ

Ats the way

「NGO千の雫プロジェクト」「大阪手作り酵素の会」「大阪源流『水の杜』」

3/18報道ステーション『ワイマール憲法から学ぶ  自民党憲法草案緊急事態条項の危うさ』

2016/03/20 16:10 ジャンル: Category:政治
TB(-) | CM(-)Edit



今、Facebookに投稿したのだけど、
たまにはちゃんとこちらでも意思表明をしときます。

話題になっている、
18日の報道ステーションの動画を今見ました。

『ワイマール憲法から学ぶ
 自民党憲法草案緊急事態条項の危うさ』

ヒトラーによる独裁政権を生んだのは
世界で最も民主的と言われた「ワイマール憲法」に
記された、たったひとつの条文が災いしたのです。

※詳細は動画を見てください。

当時のユダヤ人強制収容所での迫害の様子を
撮ったリアルな映像を初めて見ました。
悪魔に権力を明け渡すことの恐ろしさを感じます。

もし自分が、当時のユダヤ人だったら、、、
と、想像してみてください。。。

確かに、今の政府の危うさを、テレビで、
ここまで真剣に訴えたこの特集は素晴らしい。
そしてもっと実感を持って、しっかり見ないと。

何故なら、
今の日本政府と、当時のナチスドイツの動向が
とても似通っているからです。

「まさか」と思うかも知れないけれど
権力の闇に侵された人たちはみんな
漫画みたいな世界に本気で生きてるものです。
彼らは単純だから、漫画のようにわかりやすく、
自ら「恐怖」を伝えてきています。
それが正当なことだと思いこんでいるからです。

あまりに「まさか」すぎて
誰もそんな事態を想像出来ないことを知ってるんです。

次の選挙で自民党に投票するということは
憲法改正を認めるということになります。

「憲法を変える」ということを認めてしまうと
この「緊急事態条項」をも認めることになるんです。

今の政府には、賄賂も保育所も原発も沖縄も
どっちゃでも良いような無関心ごとでは無いですか?

どこかで戦いを煽って(日本は戦争しないと言いつつ)
武器や防衛でお金儲けをし、多くの人々を迫害し
お金と権力で、世界を支配したいのです。

いつの日も、権力者の持つ闇の側面が
どんどん強大になって好き放題に暴れるのです。

「まさか」と思うかも知れないけれど、
たかだか自分が生きた何十年のあいだだけ
壮絶な不穏事態がなかっただけで、
歴史的には、何度も何度も恐ろしい迫害が
繰り返されているんです。

今の福島や沖縄も、そうなんじゃないでしょうか。

古館さんがいうように
「私たちは知らなかった」では済まされない。

未来、被害を被ってしまう人たちは
「いいえ、あなたたちは知っていた」と
私たち全員に、きっと言うでしょう。


ヒトラーは、言葉をうまくすり替えて、
国民を誘導したそうです。

・独裁=決断できる政治
・戦争の準備=平和と安全の確保

今の誰かの言動とそっくりじゃないですか。

そして以下転載
 <ヘルマン・ゲーリング(ヒットラーの腹心)の言葉>
 国民は指導者たちの意のままになるそれは簡単なことで
 自分たちが外国から攻撃されていると説明するだけでいい
 平和主義者に対しては愛国心が無く
 国家を危険にさらす人々だと批判すればいいだけのことだ」

今まさに、他国からの脅威を声高にかかげ
人々の恐怖をあおっていませんか。

そして、忘れてないですか。

いつだったか、麻生大臣が大きな批判を浴びた
あのとんでもない発言を。
今検索してみました。麻生氏はこう言ったのです。

「ドイツのワイマール憲法も、
 いつの間にかナチス憲法に変わっていた。
 誰も気が付かなかった。あの手口に学んだらどうかね」

記事にリンク

こんな発言が出来るのは、彼が狂人かお化けだからですよ。
そんなお化けが、今この国の最大権力を握ってるんです。
お化けだから本人は痛くも痒くもないんですよ。

次の選挙も自公は勝つ気でいます。
だからあんなにあほみたいな失態を繰り返しても
平然としていられるのです。

経済優先、市場原理主義者たちが、多くの一般人も含め
自覚のあるなしに関わらず、この悪魔の政党を支えてます。

今まで選挙に行かなかった人たちが
こぞって「No」を言うしか、未来は変えられないですね。


そして、上の動画を見たら、
次の動画もぜひ見てください。
ヒトラーと同い年だという、チャップリンの映画、
まさに、ヒトラーを痛烈批判した映画「独裁者」の
ラストシーンのスピーチです。



いつの世も、こうして、闇と光、善と悪、右と左、、
追いかけっこのように繰り返す、愚かな人間たち。

でも、
右足と左足を交互に出して歩くのが、私たちの「運動」であるように
これもまた「運動」なんです。
永遠に、運動でしかないのかもしれません。

だけど、この世界に生きている限り、
それぞれに見合った、「運動」をし続けないといけないのです。

私はそう思ってます。

報道ステーションさん、
この動画をシェアしてくださった方、ありがとう。

見ていない方は、ぜひ。



東京都知事選最終 『Power to TOKYO People!!!!』

2014/02/08 21:11 ジャンル: Category:政治
TB(-) | CM(-)Edit

8images.jpg
「子どもたちの世代に原発を残したくないから」

東京都知事選が気になって、
パソコンの前から離れられませーん。

明日は、My醤油ワークショップだというのに
私は、都民になって、投票しに飛んで行きたい気持ちです。

3年前の原発事故の後、
山本太郎さん、三宅洋平さん、
それからもちろん、小沢一郎さん率いる
「国民の生活が第一」「未来の党」「生活の党」
と、ずっと脱原発を訴えてくれた人たちはたくさんいる。

でも、ネットの中のごく一部の人だけが
その活動を続け、仲間を作り、頑張り続けてくれた。

さまざまな形で、あらゆる立場で、それは展開されて
2012年12月の衆院選&都知事選、昨年の参院選と、
その時々に、渦の中心になる人が顕れて、
未来に夢や希望を繋いでくれた。

そうやって、この3年、1歩1歩、
国民の意識のシフトが進んできた。

だけど、一方で、安倍政権はやりたい放題。
マスコミも変更報道の極みを続け、
被爆の危険性を唱えようものなら「放射脳」と揶揄されて
「常識人」であることを望む一般市民は、
少しずつ少しずつ、目を閉じ心を閉じ、
忙しく厳しく流れる日常生活の時間の中に埋没していった。

目を覚ましてくれたのは、細川護煕元総理大臣。
そしてともに立ち上がったのは、「悪名高い」小泉元総理。

救世主のように突然現れた二人、特に小泉さんは、
総理時代に勧めたさまざまな政策のおかげで
今の格差社会が出来ている、と、
脱原発派の中でも、特に「悪者」とされてきた人。

脱原発派といわれる人が割れてしまうのも無理は無かったのかも知れない。

今、とにかく、もう選挙は明日。
めんどくさいことは書くのやめて、言いたいことだけにする。


彼らを見ていて、その本質に、腹黒い何かが、見えるだろうか?

私には、何も見えない。感じない。
クリアで、誠実で、良識的な、こころしか感じない。

いえ、誰にでも、闇や欲はあり、過去にあやまちもある。

だけど、過去は未来ではない。未来に「過去の過ち」は存在し得ない。

あるのは、進んでゆく方向性だけ。
すべてが完璧に、自分の思い通りになんて進むはずがない。

ただ、同じような方向性を示してくれる人と、繋がってゆくことしか。


東京も、日本も、リーダーが創り変えるのではなく、
ひとりひとりの、軸足立った個人の「意思」であり「覚悟」があってこそ。

その集合体が、世界なのですから。

普通に、良心を持って、
自然を大切に思い、東北の人たちに想いを寄せ、
未来を憂い、子どもや孫の世代に、大事なものを受け継ぎたい。。

そういう人を、選んでほしい。

どうか、この歴史的な分岐点で、大事な選択を間違えないよう
東京都民の人たちにお願いします!

仲良しクラブや評論クラブは、選挙が終わってからやりましょう。

今は、一点集中。勝つことだけを考えて。

3年間の願いが、大きく叶う瞬間なのかも知れないのだから。

必ず、選挙へ行って投票してください。お願いします。


南相馬市、桜井市長の、魂の叫び。

*私は、この演説だけでも、細川さんです。

細川氏しかいないと想う。
よくぞ、出てきてくれた、と驚くばかりです。

細川さん、小泉さん、ありがとう!!!
細川護煕公認サイト

2images.jpg

3images.jpg

4images.jpg


そうだ。
この動画も貼り付けておこう。

東京都民よ。大衆よ!今はこぶしを上げる時。覚悟を示せ!



神よ。都民にチカラを!!!


そして私は明日のMy醤油作りWSの準備を片付けて早寝します。
明日もまた、精一杯、ガンバる。それが私の「覚悟」だから。


Power To The People !!!


東京都知事選に想うことその3

2014/02/02 23:31 ジャンル: Category:政治
TB(-) | CM(-)Edit

東京都知事選のことも、
毎日色々書きたいことが次々溢れてきてて、
三宅洋平さんと細川さんの対談ビデオを見て感動して、
今日はそれをUpして思うところを書こうと思ってたんです。

でも、今この動画を見て、すごい衝撃を受けました。

「脱原発派」は、分離している場合じゃない。 (私のチョコも)

冗談言ってる場合じゃありません。目が覚めました。

どんなに眠っている人も目が覚めるでしょう。
南相馬市、桜井市長の、細川さんの応援演説です。

田中龍作ジャーナルより

南相馬市桜井市長は、細川候補の応援団体の街宣車に乗り込み、悲壮な面持ちでマイクを握った。「南相馬に原発はなかった。だが6万人以上が避難を強いられ、今も2万5千人以上が避難させられている。私は市民を守るために、独断で避難させた」と、当時を振り返った。

「仮設住民は “市長、助けて下さい” と訴えてくる。命あってこそだ」。脱原発候補を応援する桜井勝延・南相馬市長。

 「市民の命を守るのが政治家だ。原発で作った電気で東京が栄え、地方が捨てられる。許されない。命を守ることは東京も田舎も同じだ。東京が助けるべきでしょう。南相馬市の予算は年間1200億だが、その半分は除染費用。また東京がもうかる」

 「放射能を恐れて物が入って来なくなった時、佳代子夫人がガソリンや物資を運んでくれた。だから私はここに来ている。細川さんは命の大切さを知っている。脱原発とか甘いことじゃない。棄民化された時、命を守ったことはお金では買えない。一人ひとりを大切にすること。私はそのために、南相馬から、福島から世界を変える」。

まるで桜井市長自身の選挙演説かと思うほどの、声を振り絞らんばかりの演説に目頭を押さえる聴衆もいた。多くは身じろぎもせず聞き入った。






「脱原発なんて甘い言葉ではない。生命を守るかどうかなんです!」

「東京は生命を軽く見ている!」「これでいいんですか?」

東京都民の皆さん、桜井市長の叫びを聞いて、自分に問うてください。




東京都知事選に想うことその2

2014/01/31 01:41 ジャンル: Category:政治
TB(-) | CM(-)Edit

はい。結局長文です。私じゃなくて手が元気なんです。



*1/28 日本外国特派員協会の記者会見で。細川護煕さん


おととい、ちょうどPCの前に居た時に、
ツイッターでこの記者会見のことが流れたので見に行ったんです。

そしたら、細川さんが、ちょうどこう言ってる時でした。

東北、あるいは関東一円に放射能がばら撒かれました。
原発や核のゴミを地方に押し付けて、
大消費地として便利さだけを頂こうという、
そういう虫のいい話がこのままいつまで続けていけるのか。
都知事の第一の仕事、任務というのは、都民の命と暮らしを守るという事です。
今申し上げたことは、まさに都政に一番関係のあることじゃないでしょうか。



正直驚いた。そして嬉しかった。
当時の政治家、以降の政治家で、
「東北、あるいは関東一円に放射能がばら撒かれました」なんて、
こういうことを言ってくれた人がいただろうか?

いたかも知れないけど、多くの国民は耳を傾けなかったんじゃないかな。

そして、こんなことも言いました。

東京の水を供給する拠点の一つである金町の浄水場あたりも、
セシウムがいまだに残っていて、その汚泥を取り除く必要が
早急に迫られている。
さまざまなそうした問題があります。




東京に住んでいる方たちは、知っているんですか?

当時の知事は確か「安心安全」とか言ってませんでしたか?

この時の会見の動画と、記者会見の全文を文字起こしして
掲載してくださった方がいるので、そちらを見てください。
実際の東京都下水道局が発表しているデータも
一緒に掲載してくださっています。
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3538.html

今まで、放射能汚染の危険性を訴えると
「放射脳」だとか、「デマ」だとか「考えすぎだ」とか言われて
当初は多くの人が不安を抱えていたにも関わらず、
日常が普通に流れてゆくことにただ意味も無く安心し、
考えることをやめ、見て見ぬふりをして、多くの人は過ごしている。

広島でも長崎でも、大きな影響なく、長生きした人もたくさんいる。
たぶん、なんともない人はなんともないようにも見える。

だけど、被爆というのは、遺伝子を壊したり傷つけたりするのだから
それは末代まで、被爆の情報を受け継いでしまうことになる。

被爆を恐れない人、被爆より経済を優先する人たちには
きっと「想像力」が足りない。

10年先、100年先、ずっとその先の未来まで、
遺伝子が受け継がれてゆくことを想像できない。

今この時の日々の生活を無事に過ごせることしかイメージできない。

それは大事なことでもあるのだけれど、
その目の前の恐怖のために、未来を見ないことにしているのは
生命の歴史40億年を連綿と受け継いできて、
今、その最先端にいるモノとして、あまりにひどい。

唯一、能動的な叡智を持つニンゲンが、人間だけが、
この地球の生態系のバランスを取ることが出来るのに、
いえ、それが役割で、この世界に産まれてきたはずなのに。


話は少し変わるけど、
さっき、三宅洋平さんに宛てた、どなたかのツイートにもあった。
(「その公共事業は・・」から先の文は三宅洋平さんの文では無く別の人のツイート)

000万都民のうちの収入下位700万人は気づくべき事実。RT@MIYAKE_YOHEIその公共事業に関わっている人たちとその一族は全員投票に行くから、自民党は強いんですよねぇ・・・。 私たちの税金で票が買われてるんだからどうしようもない。



原発関連事業だけでなく、公共事業に関わる人たち(トップの人よ)、
「税金で票が買われてる」というのは言いすぎだけど、
それでも、あまりにも未来に対してニンゲンとしての役割を
忘れきってしまっている人が多いと思う。


私は、どんな人でも、何も知らない善良な個人を攻撃したりしたくない。
電力関連で働いている人、公共事業、ゼネコン、
そこで家族のために、一生懸命働いている一般の人々の、
生活の糧をうばうようになることは、それを考えても胸が痛い。

原発なんて絶対ダメ!とか言いながら、一方で胸も痛むのです。

最も方向転換をしなくちゃならない会社のトップが
社員を切り捨ててでも会社を守ろうとしたり、
夢と希望に溢れた、新しい可能性を模索し構築してゆくという
気持ちの若さと情熱を、すっかり欠いてしまっていることが
歯がゆくて仕方がない。

だから、たとえ「代替エネルギー」が、あらたな利権構造を
生むことになったって、末端の罪も無い善良な人々が
それで救われるなら、それでいいじゃないか、と思う。

小泉さんが、「原発止めても経済は発展する!!!」と声高に叫ぶと
「また新たな利権構造化」と心配もするけど、
そうやって、少しずつしか進化してゆけないものだと思う。

今、原発やめると会社が潰れる、仕事が無くなる、家計が苦しくなる
そういう心配をしている人たちが、少し安堵する。
いいことだと思う。

だってみんな本心は、放射能の害を恐れているんだから。
恐れない人なんていない。子どもの生命を守りたくない人なんていない!

わからないだけなんだ。ピンとこないだけなんだと思う。

普通に、善良に、ただ家族を守りたいために働き生きている人たち。
その人たちにだけしわ寄せが行き、
その人たちを守ろうとすれば、東北の人たちはいつまでも救われず、
日本はどんどん気持ち悪い方向に進み、地球は崩壊寸前。。。

こんな、どん詰まりの状況の中で、
ウソやまやかしや、意味の解らない政策や法案がまかり通る。

今や、にっちもさっちも、っていう状況なんだから。どっちにしても。

ふっ壊れて多くの人が嘆き悲しむのはツライ。
だから、少しずつ少しずつ、風穴を開けていかなくちゃ。

原発やめても、家庭は壊れないんだと、
むしろ、原発推進するほうが、家族の健康も幸せも
近い未来に壊されてしまう不安は大きくなるだけなんだと、
そう言ってあげないと、みんな真意を隠し通してしまう。

・・・

それもこれもすべて、ぶっ壊れて再生するという、
この宇宙存在としての私たちが迎えている、歴史的な転換期で
大きな大きな視野で観たら、現政府みたいなとんでも無い人たちも
大きな役割として、悪役を演じてくれているんだとも思う。

そんなことは、長い長い地球の歴史で、何度もあったこと。
大地震や津波は何度も起きただろうし、
氷河期もあったし、大きな文明がアトカタもなく消えてしまったことも。

神の目から見たら、周期的な転換期でしかないんだとも思ってる。
何十億年という、気の遠くなるようなこの星の歴史の、
たかだかたった、何十年・何百年での出来事の、今最中なだけなんだから。

ただ、その時代に生まれ出たというだけのことなんだ。
使命だの選民だの、へったくれも何もあったもんじゃない。
ただ、そうなんだ、だけなんだよ。


もう、腹を決めて、もう壊れるに任せるしかない。
そうしないと、進化は出来ないんだろうな、とも思う。
それは、確かにそう思う。オーバーでなく、ホントのことを言うと。

でも、嘘でも幻でもなく、今ここに生命を持って生きている私たちは
続くと願う次世代に、宇宙全体に、
それでも頑張って、阻止しようと奮闘したんだ、と、
ちっぽけなことだろうと、自分に出来ることを頑張ったんだと、
生きて活きた証しを、残さなくちゃならない。

誰のためでもない、今ここに生きている、自分の誇りをかけて。
たとえ、壊れる方向に向かっているとしても。

そういう、生命の証しを、遺伝子の履歴に加えなくちゃいけない。
何千年、何億年と、かすかな命が、この後も続くと信じて。


ところで、
何故、またこんなことを書いているかと言うと、、
急に現実的になりますが、、、(笑)

昨日、お味噌作りに来てくれた2人とご飯を食べている時、
何気に、細川さんの話になって、、、

細川さんの演説に、必ず小泉さんも一緒に話しているよね。
動画をいくつか観たけれど、
小泉さん、もっと謙虚に、上手に過去のことや何やら国民に詫びて、
日本のリーダーだった、過去の色々を顧みるからこそ、
だからこそ、年老いた今になって、出来ることをやらなくちゃ!と思って
だから出てきたんだ、、と、殊勝に言えばいいんだけど、
そしたら、一緒になって彼を応援したB層たちも、急に反省したり
目が覚めたりして、共感したりするんだろうに、、とか思う。
(私だって、当時は難しいことよくわかっていなかった。)

だけど、
どうしても、あの人の特質として、エラそう~に言ってしまう。
なんか、観ててハラハラしてしまうけれど、
でも、それがあの人の魅力なのか、応援する人は多い。

過去の小泉政権を後押しした、「B層」の人たちの中には
未だに、そんなエラそうな、小泉さんが大好きな人が多い。

後押ししてなくても、わけわからなかった人たちはみんな
小泉さんを責めたり出来ないし、
今となっては、そんな小泉人気を利用させてもらうことも出来る。

小泉さんは、自分の撒いた種を刈るかも知れないよ。
自分で老体にムチ打ってでも、尻拭いするかも知れない。

そんなことは、誰もが自分の「思い込み」で決めたらいいんだよ。

なんと言っても、大衆の心をつかまなくちゃ。

「テレビに出ている有名人。元総理大臣」
それだけで、人は大勢集まるし、耳も傾ける。。。

それはそれで、良いことやん、と思う。
だって、誰も言わなかった本当のことを、やっと言ってくれてるんだから。


それで、話は戻るけど、
その小泉さんの話しの中に、何度も出てくるのが、

「今、日本では原発1個も動いていないんですよ!!!
 でも、電気はちゃんと、足りているじゃないですかぁー!!」

これ、たぶん、そんな「B層」とか言われている人たちの中には

「え?動いてないの?うそ!?」とか、思ってる人いるんとちゃう?

動いているから「脱原発、反原発!」って言う人もいて、
これが止まったら電気が足りなくて大変なことになり、
だから、原発は必要なんだー!って、そうゆうことなんじゃないの?と、
そう思っている人は多いんじゃないかな。と。
都民の中でも、初めて知ることになった人、きっといると思うよ~~、と
そんな話しを私がしたら、、、

ハルちゃんもOさんも、、、なんか、目が点(・・)になってる。

「ワタシもそう思ってたかも・・・(・▽・)>

そ、そうやったんや。。。

そうだよね。そうだよね。
なんかそんな気になるような風潮だよね。(^^;)

わかるわかる。しかたない。政府が悪いんだ。

2人とも、一昨年だっけ、大飯原発が再稼動されてしまった時の
大反対デモや抗議行動のことを知ってる。

「そうやんな。そうやんな。あの時に再稼動されてしもたんや。」

知ってるのよ。知ってるの。
なのに、なーんか、ずっと原発動いてるような気がしてたんだよね。

イリュージョンなんやもん。今の日本。


3.11の原発事故以来、一切の原子力発電所は止まっていて、
あの時、大飯だけが、再稼動されてしまった。

大阪市長の橋下さんが、「仕方ない」とか言って認めてしまった。
あの人は、あの時以降、「振動」が、すっかり変わってしまったと思ってる。

そしてとにかく、昨年の夏?いつだっけ。
大飯が点検のために停められて、それで、今現在、一機も原発は動いていない。

なのに、節電の話もだんだん聞かなくなって
昨年の猛暑も難なく乗り切った。

「原発がなくて電気が足りなくなったらどうするんだー!とよく言われるが
 事実、今原発は、一機も動いてないじゃないかーー!!!
 原発なくても、電気は足りるんですよ。今すでにゼロなんですから!」

と、小泉さんが叫ぶたびに、やっぱり、(・・)←こんな顔した、
元B層の、おばたんやおじーさんとかが、手はパチパチと叩きながら、
「そうだー!」と叫ぶ、「知ってる人」の声にうなづきながら、
内心「そうだったの?? あ。そうだったよね。確か。うんうん。」と、
目からウロコ、耳から耳栓が飛び出している人が
東京にもたくさんいるんじゃないか、と、思ったのです。

どうですか?皆さん。

私の目の前にさえ、(・・)な人が2人いたんです。
知ってたんですよ。知ってたんだけど、知らなかったことになっちゃってる。

ちょっと想像しただけで、たぶんあの人もこの人も、、、
きっと、知らなさそうな人が数人以上は、浮かぶ。
(たとえばうちの、母や姉、息子たちでも^^;)


先に言った、細川さんの、セシウムのことだって。

なんかテレビで見たこともない、おかしな感じの人が言うと
信じなかったり、信じていても聞いていても、気にとめていなかった人が、
今、「はっ」と目を覚ましていたりして、、、。

事故当時は、とんでもなく恐ろしい出来事だったはずなのに、
今も状況はさほど変わってもいないはずなのに、、

本当に、すっかり眠りこけていた、、、って人、多いと思うの。

それだけでも、細川さんと小泉さんのやっていることはスゴイ。
やっと、東京は、関東は、あらためて、危機感を持ち始めることになる。

そうなると、いよいよ、本気で大移動も始まるかも知れない。
オリンピック~?お・も・て・な・し~~?和食が世界遺産ん~~?
そんなことしたらあかん。。。とか、やっと気づいたかも知れない。。。


いや、ひとつ「思考」をめぐらせると、不思議なこともある。

猪瀬さんが知事のままだったら、何ごともなく、イリュージョンのまま
世論をマスコミに誘導させて、都民も国民も目を覚ますことなく、
原発も再稼動させ、時代遅れの経済成長を続けていけただろうに、
何故、ここに来て、猪瀬さんを葬るようなことになったんだろう。

政府が、3年間国政選挙がないあいだに、好き勝手に、
まやかし政治を続けたいなら、猪瀬にスキャンダルが起きるようなこと
しないはずじゃないのかな、とか。

徳州会だって、多くの政治家が
資金援助や票集めのサポートを受けているそうだし、
そんな大きな組織を「悪者」としてさらけ出すのは、
政府にとってはとても有利なこととは思えない。

だから、そこらへんに、不思議さは確かに残っているんだけど、、

それはそれで思考の隅には置いておいて、
とにかく今は、自分の良心のまま、自分の真意を外に出す。
それを、みんなやらなくちゃならないと思う。

自然な細胞分裂、自然な成長・進化をするために。

小泉さんが、後になって豹変して、政府とグルになって、
何やらよからぬこと考えてる、とか、
特区を利用して、結局カジノも作ったりする、とか、
脱原発を言いながら、結局はまた新たな自然エネルギー利権が
幅を効かす、結局は強いものがまた強くばばかるだけの、
大した進化のない方向転換なんだ、と言う人もいる。

でも、それは、枡添さんが当選したら、もっとハッキリとそうなるだろう。
誰が知事になったって、私たちひとりひとり個別な望みの旗を
そのまま掲げてくれているわけじゃないのだから、
誰も彼も、誰だって、思い通りにはいかない。

その時はまた、もう一度暴れたらいいんだ。
誰がなったって、きっとまた、そういうことは起きるよ。

それをいちいち裏切りだと責めるより、(責めたらいいんだけど)
どっちにしても、人は裏切るものだと思ったほうがいい。

人に期待するから、人に自分の希望を明け渡すから、そうなっちゃう。
結局は、「自分の思い通りに動いてくれなかった」っていう、
単なるエゴイズムなんだよ。世の中なんて。

自分は自分にしか期待出来ない。

そこはまず、大前提で知っておかないと。
もう、何度そんな目にあってきたのか。

繰り返さないためには、自分が自分の意思を真意を
しっかりと自分に問うて、自分に忠実な生き方を、
ただただ、ブレず、脇目もふらず、歩くことをまっとうする。
それしかないんだってばだから。

そういう人の集まりだけが、調和の取れたシンフォニーを奏でるんだよ。

みんながティンパニー叩いたら、うるさくてしかたないやろ。


だいたい、政府は原発を再稼動させたいと思ってる(らしい)。

そんな自民党の公認?推薦を受けているのなら、
何故、堂々と「原発を推進します!!」と、公約を掲げないのか。
何故、堂々と、「原発は必要です。日本の経済発展のために、
命よりも経済発展が最優先です!そうでしょ!?
諸外国に原発を売ります!大事故のことなど気にせず、
ともにガンバリましょう!!どうか清き一票を!」とか言わないのだ。

(まー、都知事選だからカンケイないのか、、だけど)

それにしても、
自民党の人たちは、誰一人として「堂々と」
「原発推進して、外国に売って、戦争もして、ガッポリ儲けましょう!」
とか、言わないんだ?

それは少しでも「良心」が抵抗しているからでしょう。
「国民が喜ぶ政策ではない」ことを、知っているからでしょう。

だけど、経済を優先しなくちゃいけない、、
みたいな、こちらも幻想に囚われているんじゃないのかな。

真意は、「良くない」ってわかっているから、大きな声でいえないんだよ。

だから、どっちつかずのことを言い、なんとなく安心感を持たせ、
中国韓国との関係で危機感を持たせたり、憲法を変えようとしたり
不気味な法案を通したり、しているんだよね。

消費税も上げるし。

日本の国民は、3本足の椅子に、長いこと座っていて、
そのアンバランスなしんどさに、すっかり慣れきってしまってる。

高い税金を払いながら、健康保険や年金を払いながら、
時に煙草税やお酒税、ガソリン税、交通罰金とか、
なんぼでも、言われるままに払い、その上消費税増税されても
「仕方ない」とか本気で思ってる。

どんだけ、払いすぎやねん。この国。

真意を言えよー!!お金ない!!もう払いたくない!!って!

大学なんて、行かせられるわけもないほど給料安いのに、
更に大学の学費が上がるという。
奨学金という、無慈悲な金貸し事業もある。

ホント、今やすっかり、一本足の椅子に座っているようなものだよ。

払えるか~~~~!!!って、
1回くらい叫んでみたらいいんだよ。


叫んでも叫んでも、ただの「文句言い」とかにしか思われないから
だんだん、めんどくさくなってる人も多い。私もそう。

でも、今は言うときやわ。
70才、90代(瀬戸内寂聴さん)とかも、
あの寒い中、倒れるんちゃうかと思うけど
若々しい張り詰めた声で、言うてはる。

そして、一方で、都政の悪の根源のようなジジイ(すんません)80代も、
聞くに堪えない、言うに耐えない、気持ち悪いことを
さんざん、マイク通じて、言いまくっているそうじゃないですか。

あんなジジーの言うことに拍手してるヤツがおったら、信じられん!!


とにかく、カッコつけずに、腹立つことを腹立つといい、
情けないことを情けないといい、ムカつくと叫び、

一生に一度でも、世間に向かって毒づいてみたらどうですか、
東京都民の皆さん。

ホントはそう思ってた、、ホントは腹たってんの、イシハラに。

思い出してください。あんた、腹立ってんのよ。ほんとは。

高い税金山ほどはろて、苦労してるねんで、多くの人たちは。

目~、覚ましてください。今だけでも。

都知事選終わったら、また「あ~ぁ」と寝てもいいです。

結果は大事ですが、
個人にとっては、結果なんて大事ではありません。

あんたが、真意を表明したかどうか、が一大事です。

それが、真実の未来を創るからです。

それだけのことです。


いくら世の中が高齢社会だと言って、
あんなお年寄りさんたちだけに、頑張らせていいの?

カッコイイところも全部、持ってってるよ。
ほんと、カッコイイです。振動も美しい。



・・・

はい。やっぱり長くなりました。
真意なので、あやまらず、寝ます。

そんなわけで、私が都民だったら、細川さんです。

この、出馬会見見た時から完璧に矢が刺さりました。


でも、マスゾエさんでもマックさんでも、どなたでも
誰に投票する予定の人とでも、仲良く生きていきたい。
そうしなくちゃね。
いびつな個性が集まって、やっと完璧な全体になる。

全体の未来がどうであっても、受け入れる。
ただ、自分は自分の真意に沿ったか、、、それだけが大事。

小泉さんのバックに何が??
そらそれもあるかも知れません。
でも、どっちにしても、日本は壊れようとしています。
世界は潰れようとしています。小泉でなくても。

そんなこと突っ込んでも、今じたい、今そのものがすでに潰れる寸前。

だから。
自分の真意を問い、何を選択し、どう生きるか。それしかない。



おやすび~~~。


また吠えた。




東京都知事選に想うこと

2014/01/28 01:25 ジャンル: Category:政治
TB(-) | CM(-)Edit

hosokawaimages.jpg
*この写真、すっごく素敵です。細川護煕オフィシャルサイトより
細川さんって、「お洒落なカフェ」のようなイメージなんだよね。

もうちょっと詳しく書くと、
都会の緑いっぱいの一角の洗練された素敵なカフェ。
地球の未来を憂いていて、大事なことをとてもよくわかっている。
オーガニックで、こだわりの食材を使い、手作りのランチが美味しくて
オーナーは音楽や、やきものが好きで、品もインテリジェンスもあって
誰にでも親切で穏やかで、来た人は心地良い椅子でいつまでも長居したい。
みたいな。

一方でこの方、
utunomiyaindex.jpg
宇都宮けんじさん。
宇都宮さんは、「実直な自然農の達人」、、みたいな感じ。

田舎に引っ越して、古民家を自分でリノベーションして、
家族みんな仲良くて、ご近所も良い人ばかりで。
荒れた裏山を整備してエネルギーにし、いっぱい知恵もあって。
無農薬の野菜を作ることと同時に、足るを知る質素な生き方の
その雛形にもなるような。。。


どちらも、元のカテゴリーは縄文系、、みたいな。

自然のリズムと調和し、自然環境を守り、豊かな未来を育んでゆく、
弱い立場の人に常に心を寄せ、ともに支え合って、
生態系を守りながら、健全な循環型の社会を創りたい、創らなくちゃ、
と、そんな、良心的で「正常」な動機や志しを、持っている人たち。。
みたいな。

そして、何より、お2人とも同じなのは、
今の東京や日本、世界、地球が壊されようとしているのを
自分は何もしなくてそれで良いのか?出来ることは無いのか?
と、正常な問いを立て、意を決して、立ち上がってくれたのです。

お金や私利私欲で、こんなこと出来ませんよね。


いつもの、
瞬時に、その人の「波動」が、意思とは別のところで届き、
無意識に、多々あるフォルダに、一瞬でおおまかに振り分けられる、
自分が意図的にするんじゃなく、勝手に起きるんだから
どうしようも出来ないのだけど、ソレが、まず最初にあって。

久しぶりに細川さんを見た時、それはとてもよい響きで。
昔も、そう言えばそうだった。細川さんは心地良い人です。
安心して、ずっと見ていたい、みたいな、、そんなフォルダに入りました。

(後から「考えて」言葉にすると、やけどね。
 その「瞬間」のことは「瞬間」やから意味も基準も何も不明。)

宇都宮さんも、一昨年の都知事選で初めて知って、
本当に優しくて強い、弱者の味方で、、
どちらかというと、「感情」に響いてきて、
「こんな人がいてくれたなんて、嬉しい;;」とか、
ちょっと泣きそうになったり、たぶんそんなフォルダに。

その後、もう一度そのフォルダを開いて、もっと詳しく
見たり読んだり情報を得、思考を少し泳がせてみたら、

お2人に、「お洒落なカフェ」とか「自然農の達人」とか、
そんなイメージが湧いて、なんかとても腑に落ちたんです。

そんな感じ、しませんか? 私だけかな。

私には、このイメージの振り分け、
自分が現実に見ている世界の、象徴的な意味があります。

ま、
このお2人のことは、後にもう少し書くとして。。


ところで、私は、
2009年の鳩山政権のころに初めて、政治に関心を持ち、
それまでずっと、理不尽で良心のない政治とかこの世の仕組みとか、
割りと絶望したまま(しかし明るく)生きてきたのだけど、
その頃に初めて、希望の兆しが見えたかも、と当時は思ってました。

その鳩山政権が「潰されて」以降、もう書きたくないくらい、
どんどん、その世界への希望は、何度も砕かれてきてます。(笑)

なのに、実質この身体は、
この世界のシステムの中で生きなくてはならない、
そんなジレンマに、ある側面では、憤りを感じながら、
そっちを見ることはもうやめて、誰かや何かに期待することもやめて、
私は自分に期待し、自分の道を見て、自分に出来ることをやると決め、
自分の希望を胸に抱き、その旗を高く掲げて、明るく楽しく元気よく、
時に横風が吹いてもそれにちゃんと対処しながら、
ただまっすぐ歩いて行こう~♪るんるん♪、と。
そう決めて、歩いておるんですが。

だって、それしかやることは無いもんね。

で、
何かのたびにまた、あちらの世界にも
新たな「希望」がキラっと光ってるのを見つけて、
そっと、窓を開けてカーテン越しに、覗いてみたりするわけです。

私みたいなおばたんのやってることとは、天と地くらいの差があって
えらい失礼なことなんやけど、

そこに、自分と「同じ」ように、
自分に出来ることをやると決めて、自分の希望の旗を掲げて、
まさに、歩き出そうとしている、誰かの姿を見つけるわけです。

方や歴史に残る政治のひと幕、方や、お味噌や酵素作り(笑)

でーすーがー、「同じ」なんでつ。

「人は決して希望を捨てることが出来ない生き物」と、
「パンドラの箱」のこと、何度か書いてきたけど、
やはり毎回、「希望」的な存在が登場してくれますね。

でもそれは「自分の希望」を、そのまま掲げてくれているわけじゃない。
そこは、間違っちゃいけない。

あくまで、自分の希望の旗は、自分の手に、しっかり持っていること。
自分の期待を、誰かに明け渡してしまってはいけない。

それは、大事なことだと思ってる。


今回、猪瀬前知事が辞任した時、私は即座に

「宇都宮さん、出るのかな~?」と思いました。

前回の都知事選、宇都宮さんは、そのキラっと光る希望だった。

その時と今では、状況がまったく違う。

反対していたオリンピックは招致してしまったし、
原発は、どれだけ多くの国民がイヤだと言っても、
原発経済優先の、この国の政府、官僚、利権組織、、などの
ごく一部の人たちの、断末魔の叫びみたいな抗いが、
今の政治を動かしているのが、もう誰の目にもわかるよね。

前の知事選で、猪瀬氏が、ありえない大量の得票数で当選したり
脱原発派が、(共産党以外)、のきなみ落選したり、

結構ショックだったのは、
福島県でさえ、原発推進(とは明確に言わなかったけど)、自民党が支持されていたこと。

今や、何やってもうまいこときまっせ、とばかり、
「戦う」べきその相手は、大魔神のようにでっかくなっている。
平気でウソをつき、平気で情報を捻じ曲げ、
平気で幻を現実と思わせ、イリュージョンで惑わす、
弱者を益々世界の片隅に追いやり、、、無慈悲この上ない。

それが誰の目にも明らかでも、堂々と裸の王様のままでいる。

そして、そんなすっぽんぽんの王様を、
平然と支持する、「善良な」人たちが大多数存在する。

たぶん、宇都宮さんは出ないんじゃないかな、と思ってた。
だって、タイミングがズレた。細胞分裂の。
前よりもっとずいぶんいびつな形になってしまってる。


だから、どーーしよーーーも、ないやん。

もう一回大地震が来て、この国も地球も人々も、ドカンとぶっ壊れるしか。


だけど、全国の市長選など、小さな首長選は、
軒並み、脱原発、反体制側が、多くの市民に支持され当選してる。

普通~~の、良心を持つ人たちも、ちゃんとそこにいるのだ。大多数。

ただ、権力を持つ人たちだけが、その権力を行使してるだけ。
中央政権、国会議員選挙だけが、(首都である東京も)
何故かとんでもない得票数で、自民党を勝利させる。

この国の、組織団体は、いったい何を恐れているんだろう。

今に、帳尻合わなくなってくるに決まってるやん。。


ところで話は、最初のとこらへんに飛びますが、、

私が、というかたぶん誰もが知ってる、
パッと見ただけで伝わってくるその人の「波動」が、
その人自身の「振動」を、瞬時に伝えてくる、その感覚は、
その時のシチュエーションで顕れている、その人のある側面、
ある層(レイヤー)なので、すべてではないのだけど、
瞬時に、おおまかなフォルダ分けを、勝手にしてしまうわけです。

それは、どうしようもなく。
意識的にやめることなど出来もしないほど、伝播してくるんです。

「第一印象」というやつでもいいです。全然違うんだけどわかりやすい。

「第一印象」というのは、瞬時のようでそうじゃない。
その人の顔や服装や声や、その時の場面や一緒にいる人など、
複合的なシチュエーションで、
咄嗟に相手を「こういう人かな?」と判断するのは、
ある意味、思考や感情や、過去の経験値や、自分なりの統計や
そんな、実は表面的な判断が多い。「好き嫌い」とかも。

「直感」というのも、多分に同じ要素があると思う。

「波動」としか言いようが無いのだけど、
それは、その人の「振動(バイブレーション)」だから、
差別無く、偏見なく、とっても公平に、それは届くんです。瞬時に。
一瞬の、情報伝達です。

だけど、それが「波動」なら、こちらも振動して波を発しているわけだから、
心地良く届き、心地良い響きを奏でられるのは、
同じ「弦」みたいなものがあるからで、
初めて会う人なのに、抱きつきたくなるような
心地良いバイブレーションだったりもすれば、
パッと顔を背けたくなるような、とっても不快な波動だったり、
瞬時に突き刺さるような、キツイ波動だったり、、と。色々ある。

それらはまだ良いほうで、一番困るのが

「わからない」人。

その「波動」は、良くも悪くも、正解も不正解も、何もなく、
ただただ瞬時に、おおまかなフォルダわけ、みたいな、
その人が今どんなレイヤーにいるのか、みたいな、が、
瞬時に見分けてしまうのだけど(自分の波動で見て(見ないけど)、ですよ)、
でも、その「わからないフォルダ」に瞬時に振り分けられてしまう人が
実は、最も多いんです。

何だろう?あれは。

その人って、「振動」してないんじゃないのかな、とか思う。

それが、
情報に溢れる世の中で、あっちに行ったりこっちに行ったり、
あの人が言ってるんだから、この人も薦めてるんだから、
あっちかな、こっちかな、それとも遠くのあそこかな??と、
空中遊泳みたいな、そんな「レイヤー」にいる人なんだと思う。

そんなことにも気づかないくらい、
他人の情報を、他人の希望を、他人の旗を、
「自分の希望」だと、すっかり思い込んでしまっている人なんじゃないかと。

響かない。届かない。これ、一番疲れます。
その人の「真意」は何処なんだ?と探さなきゃならない。
「ホントはどう思ってるの?」とか、聞かないとわからない。


だけど、「今そこにいてその人に共感してる」ってことは、
その人に「同じような振動」があるから、なんだよね?

たとえば「阪神タイガースファンクラブ」で吠えるのでなく、
「韓流俳優ファンクラブ」でトキメクのでなく、
「ヨーロッパグルメの旅」に心躍らせるのでなく、、、

何故あなたは、あそこじゃなくてソコにいるんですか?

今、自分が関わっているその場所に、あなたの明確な、意味がある。

原点。そこがあなたの振動しているところ。役割とか?

そこに立ち戻って、しっかり自分の振動を感じないと、
本心じゃない世界を、ミスクリエイトしてしまうかも知れないよ。


話がズレてしまったけど、
その、鳩山政権以来、ツイッターを始めたんだけど、
だから、私がフォローしている人は、
当時の私の「波動」で、引き寄せた、当時の「似た波動」の人たち。

だから、情報はだいたい共有してたはず。
それが、2011年原発事故、2012年衆院選・都知事選、2013年参院選、
数々のポイントを経て、その「波」は、あっちにこっちにと飛び散って
規則性も法則もない、飛び散り方をしてて、、

いえ、今でもずっと、自分の真意のまま自らの希望の旗を掲げ、
ずっとガンバリ続けてくださっている人も、たくさんいます。

でも、違うレイヤーが顔を出し始めた人とは、情報伝達は起きない。
色んな人のフォローを外したり、違う人をフォローしたりしてる。
これは、細胞分裂。だと思いながら。(笑)


私は、ここ数年、ほとんどのニュースをツイッターで拾う。
そこから、リンクをたどって文を読んだり、動画を見たり、
そうやって、現状世界の動向をキャッチしている。

だから、いつもとっても偏っています。(笑)

その「波動」の話に戻るけど、
たとえば、自民党の女性議員たちとか、
名前を出すのも気持ち悪いほど、
今、名前がよく知られている主だった女性議員は、
本当に、マジで、気持ち悪い。魔界の人にしか思えなくて
だから、今も気持ち悪いから書きたくないんだけど
とにかく、見に行かない。無理だから。

そこまで極端に、見るのも聞くのも「無理」って人は
今の政府、自民党、全員がそんな感じに近い。

政治家でなくても、どんな人でも、
テレビやネットの写真とかたった一行の文面からでもわかってしまう。

ただ、写真はとんでもなく気持ち悪いのに、
たった一行の文が、とっても響く時もある。

前はとても共鳴したのに、今は全然気持ち悪い、とかもある。
その反対もある。

だから、正解とか不正解じゃないから、
その瞬時に受ける「波動」だけで、人を判断したり見定めたりは出来ない。
なぜなら、それはその人のほんの、側面でしかないから。

ただ、瞬時に波は届いてわかってしまう、それだけはどうしようもないですが。

おおまかなフォルダ分けは、だいたい当たってて
というか、自分の世界なんだから自分だけの選択なので
他の人の印象とは違って当たり前なんだけど、
後になったら、違う印象を持っていた人も、
自分と同じ印象に変わっていたりするから、
「ほら~~~」って、思うこともある。

その時、自分の「振動」も、ある側面でしかないから、
いっぱい話しをしているあいだに、自分が別の振動を始めたら、
相手から来る波動が、急に別人のように変わる時もある。

そういうこと、意識的に捉えていると、色々面白い。
無意識に届く波動を、一瞬遅れで、思考で分析するんです。

選別するわけじゃないし、それで付き合う人を選んでるわけでも
まったくなく、誰とでも普通にお付き合いが出来るし、
そうしないと、自然な共鳴もその逆も、起きてこないから、
無意識のフォルダ分けで、人を判断したりしない。

普通に、思考や感情を持って、生きているんやし。


ただ、さっき言った、「わからないフォルダ」の人たち。

ほとんどが、思考や感情や経験値で、
自分の居場所や意見や方向性を、決めているように思えるの。

だから、たとえば、細川さんや、宇都宮さん、三宅洋平さんとか、
かれらが「リーダー」だとしたら、
そこに集まってくる人の中には、「わからないフォルダ」の人が多い。


今、自分の見ている世界にも、
同じように、現実を憂いて、未来を創ろうとしている人たちがたくさんいる。
素晴らしいリーダーや、大先輩もたくさんいる。

色んなコミュニティやネットワークがあるけど、
その多くが、さっきの細川さんと宇都宮さんのイメージと重なるんです。

「お洒落なカフェ」フォルダ。
「実直な自然農」フォルダ。

実際にカフェだったり農業だったりするわけじゃなく、イメージです。

だけど、そこの集まってくる多くの人たちの中に、
実は、「わからないフォルダ」の人が多い。

お洒落なカフェも、自然農も、大好きだし心地良いし、
方向性も近かったり、話もはずんだり、仲間なんだけど、
何故か、私はどっちも苦手。大好きなのに!!

何故かというと、
その大好きなフォルダの中を空けたら、
途端に、「わからないフォルダ」が飛び跳ねる、、からなんだよね。。

ややこしいな。

まー、気にしないようにしてますけど。
自分もきっと、誰かにとったら、わからないフォルダやったり
気持ち悪いフォルダだったり、大阪のおばはん系、やたり、するわけですから。


あー、、何が言いたかったかというと、、、

なんか、いつもは全然うまく書けないようなことが、
今、割りと上手に書けたかな、と思うから、
きっと、今日はこのタイミングで、この記事をアップしてしまいましょう。


細川さんも、宇都宮さんも、どっちも大好きです。

だけど、彼らは彼らの希望の旗を掲げていて、
そこに、似た共鳴弦を持つ人たちが自然に集って、
一緒に頑張って、進んでいるんです。

私は東京人ではないから、選挙には行けないけれど、
知事になるのはひとりだけだから、誰かを選ばないといけない。

どんなに山に篭って、システムから外れて生きるとしても、
納税や健康保険や、教育や年金や、、、と、
この世の仕組みから外れて生きることは不可能。

戸籍を抹消でもしない限り。
海外の永住権でも取得しない限り。

だから、選挙に行って、
自分の希望と近い人にぜひとも投票してほしいのだけれど、

自分の希望を、その人に明け渡してしまっては、だめ。
自分の期待を、その人に向けてしまってはだめです。

あなたはあなたの道を模索し、見つけ、歩くと決めてほしい。

そういう人たちが、たとえば都知事というリーダーとともに、
未来を創ってゆくのだと思うから。


さぁ。
あなたの真意はどこですか?

何故、その人に自分の希望を見出し、応援するんでしょう?

何故、あの人ではダメなんでしょう?

自分に問うて、自分にしっかり、コミットしてくださいね。


ひとつのささやかな選択が、根底から生き方を覆すこともある。
他の誰のものでもない、明確な自分自身の、選択であるなら。



お洒落なカフェ、本当に大好きやし、たとえば完璧さにあこがれるし、
そこに居て安心やし、落ち着くし、、
だけど、苦手なんです。仲良くなれないことが多い。大好きなのに。

そしてまた、
自然農の素敵な日に焼けた青年も、年老いた夫婦も、
大好きだし、手伝いたいし、田んぼや畑も教えてほしいのに、、
だけど、これもまた、苦手なんです。なぜでしょう。大好きなのに。

たぶん、最近のことだと思う。こんなこと思うの。


きっと私は、何故か、究極の、ナルシストになってしまったんでしょう。(笑)

ただ、ひとりひとりが、しっかり、自分の真意を問わないと、
明確な答を求めるより前に、明確な問いを立てないといけないとか思う。

3.11からこっち、だんだんだんだん、それが顕れてきてる。

「似て非なる」が、どんどん、自分の真意のもとに分裂している。

それはだから、細胞分裂だから。自然の仕組みなのです。
自然の細胞分裂に逆らっていたら、ちゃんとした全体にはならないよ。

「足になる」という遺伝子情報を持つ細胞が、指先に行くことは出来ない。
「頭の一部」になる細胞は、その情報のままの場所が、定位置なんだよ。

細胞には膜があって、それでどんなに小さな細胞でも自立していられて、
その上で、その細胞膜は、隣り合わせた細胞たちと、しっかり情報伝達してて、
きっちり情報を分かち合い、全体情報として書かれているとおり分裂し、
だんだん全体を形作ってゆくんです。

明確な、あなたの、情報は、何か。どこが定位置か。

明確な、問いを立ててくださいね。

希望の旗は、自分で立てる。
そんな人たちの集まりが、明確な、全体を創る。生み出してゆく。


私は、抽象的にものごとを見るクセがあるから、
これも私の情報。あなたの情報じゃない。
だけど、もしかしたら隣り合わせた細胞同士のように、
定位置を見つけるための、情報交換のために、出合っているのかも知れない。
いえきっと、そうでしょう。

情報から、希望の旗を見つけるのはあなたですけど。



下の動画。。。細川さん、泣いてるんですよ。
小泉さんが話し出した途端。嗚咽してはります。

昔だったら、私絶対もらい泣きしてます。感動してます。
ところが、全然、感動しないんです。ビックリ。




え?なんで泣いてはるんやろ。何が琴線に触れたんやろ??と、
もともと「感性豊かな」、あっちゃんなのに、めっちゃ不思議で。。

細川さんの言葉は、安心できて、良心的で、とても素敵で
居心地のいい、本当に嬉しい言葉なんだけど、
その表面的な言葉には、何故か全然、響かないのですw。

でもそれは、悪く言ってるんじゃなくて、
もっと底のほう、深いところで、めっちゃ、響くものがあるんです。
「感情的」に感動するんじゃなく、ふつうに、レゾナンスする
振動を感じるんです。

だからもしかして、細川さんも、
大勢の人にわかりやすく、色んなタイプの人に伝わりやすく、
言葉も選んで、間違いも犯さず精査して、話してるんじゃないのかな、と。

言葉は響かないけど、もっともっと、じかに伝わる響きが
とっても嬉しくて心地良いんだけど、
それは、
「生命を賭けてる」とか「本気だ」とか、「年に関係なく」
「何かをやらずにこのまま死ねるか」みたいな、、、

それが、響く。めっちゃ、響いて嬉しい。
どんな人でも、どんなことでも、何でもかんでも、
本気で、自分の問いにコミット出来る人って、美しいと思う。

そして、それは、宇都宮さんも、同じ。

今起きている「分裂」みたいなことはきっと、
細胞分裂なんだと、思ったりしたので。

皆が、明確な自分を知って、正しい位置につくための。
必要な、成長の時なんだと思うから。

どっちにしても、
希望は永遠に捨てられないかわり、簡単に叶うこともないのでしょう。
何十万年と繰り返してきた同じ行いの、今最たる時期だから。

だから、自分は自分の希望の旗の下、生きて活きることしか
出来ないんだよ、と、ここにまた行き着くわけですが。


・・・
いつもこんな時、書きたいと思った動機のところから、
大幅に脱線して、キーボード打つままにまかせると、
どんどん思ってもいなかったことを書いたり、展開したり、
しまいには自分でもわけわからんくなったりします。

昨日はバナナの叩き売り、その前は味噌仕込み、今日は政治??

意味不明人ですが、これもいつもの「情報伝達」。

今まさかのこれを最後まで読んでくれる、奇跡の人がいたら、
たぶん私たちは、隣り合わせた細胞同士で、
こうして情報を交換し合って、くっついては分裂し、
産まれ持った、唯一無二の希望の旗(役割というものか)を掲げ、
定位置にしっかりと、たどり着くために。

そのために、人はきっと、出合うんだと思います。
隣り合わせるべき細胞と再会するのだと思います。


細川さん、宇都宮さん、応援します。
他の人のことは、わからないんです。ごめんなさい。


私もガンバリマス。いのちを賭けて~~~♪。


終わり。



プロフィール

 Ats(あっちゃん)

Author: Ats(あっちゃん)
新しい地球創り
NGO千の雫Project

酵素・発酵レシピ
Babbiの家

過去ログ2006.4~2010.9
旧 Ats the way

Facebook水の杜
Facebook
Facebook2
twitter
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
超お奨めの本
アナスタシア1


アナスタシア2


アナスタシア3


アナスタシア4


アナスタシア5


アナスタシア6


フリーエリア